ここから本文です

子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

7/16(火) 17:58配信

ニューズウィーク日本版

<母ザメの妊娠初期には胚が10数個あるのに、生まれてくるときは2匹だけ。残りはどうなったのか──シロワニの研究はそんな疑問から始まった>

サメの一種「シロワニ」は、母ザメの子宮内にいるうちから恐ろしいほど狂暴だ。ナショジオワイルドの新しいドキュメンタリー番組『Cannibal Sharks(共食いをするサメたち)』がその様子を紹介している。

【動画を見る】子宮内で共食いするシロワニ

シロワニの恐ろしい共食い行動の詳細を明かすのは、6年以上にわたって研究しているフロリダ国際大学の研究者デミアン・チャップマンだ。「シロワニの生殖活動について調査が始まった1970年代に、シロワニが必ず子どもを2匹産むことに科学者たちは気がついた」と、チャップマンは言う(シロワニは胎生で、雌の体内で卵が孵化し、子は成長して外に出る)。「しかし、妊娠初期のシロワニの子宮内には12~14の胚がある。そこで大きな疑問がわいた。残りの胚はどうなってしまうのか」

チャップマンはこれらの研究の一環として、シロワニのDNAサンプルを採取。その結果、胎仔は、父親が異なっている場合が多いことが明らかになった。雌が複数の雄と交尾するためだ。雌のシロワニは子宮を2つ持っており、それぞれの子宮内で最大の胎仔が成長する。

「最も年上の胎仔は、ほかの胎仔より早めに成長する。歯や目も、少しだけ早く発達するわけだ」とチャップマンは語る。「歯が生えそろうと、年長の胎仔は獲物を求め、兄弟をすべて食い尽くす。シロワニは生まれる前から共食いをする。きわめて狂暴だ」

<3.6メートルのサメをほぼ食いちぎったのは?>

英国王立協会の科学誌『バイオロジー・レターズ』に掲載されたチャップマンの研究論文によれば、シロワニの年長の胎仔は体長が10cmほどになると、共食いによって飛躍的に成長し、強くなる。こうした「子宮内共食い」によって、子宮1つにつき1匹、計2匹が生まれるというわけだ。

この番組には、他のサメの共食い映像もある。ダイバーが撮影した巨大なホオジロザメ同士の食い合いのほか、脇腹の辺りをほかのサメに食いちぎられたホオジロザメの死体の写真もある。

「驚くべき写真だ」と話すのは、オーストラリア海洋科学研究所の海洋生物学者マーク・ミーカンだ。「(噛まれたサメは)巨大だ。体長が3.6メートルほどもある。だが、この噛みちぎられた跡はさらにものすごく大きい。ほかのサメをこんなふうに一発で噛みちぎるには、計り知れないパワーが必要だ」

このようなサメの共食いは、今まで考えられていたよりも頻繁にあると専門家は考えている。

(翻訳:ガリレオ)

アリストス・ジョージャウ

最終更新:7/16(火) 17:58
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・27号
8/20発売

460円(税込)

【特集】香港の出口
拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事