ここから本文です

G大阪の中村敬斗、オランダ移籍が加速? 現地紙が「1年間のレンタルでクラブ間合意」と報道

7/16(火) 15:15配信

SOCCER DIGEST Web

「1年間の期限付き移籍」とクラブ番記者がコメント

 今夏、20歳以下の将来有望な日本人選手たちが、次々にヨーロッパへと旅立っている。

【PHOTO】久保建英、中島翔哉、冨安健洋のほかにも続々! 2019年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

 FC東京から久保建英がスペインの名門レアル・マドリーへ、名古屋グランパスからは菅原由勢がオランダのAZへ、冨安健洋はベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)からセリエAのボローニャへ、鹿島アントラーズからは安部裕葵がスペインの強豪バルセロナへと、それぞれが活躍の場を移す決断をした。

 さらに、もうひとりの若武者がヨーロッパへ向かうことになるのかもしれない。ガンバ大阪に所属する18歳の中村敬斗だ。

 現地紙『Tubantia』が、「昨シーズンにオランダ2部リーグで優勝を果たして1部に昇格したトゥベンテが、戦力アップのために若いアタッカーを探しており、素晴らしい日本人の才能を見つけ、ガンバ大阪とクラブ間合意に達した」と伝えている。


「18歳のナカムラはまだオランダに到着していない。来週末の日本の試合に出場する予定があるようだ。彼は素晴らしい才能を持つ若き選手であり、自国の世代別代表に選出され、ポーランドでのU-20ワールドカップにも参加している。

 オランダ国内ではフローニンヘン、国外ではロコモティブ・モスクワなどのも彼の争奪戦に参加していたが、トゥベンテとのクラブ間合意に達したようだ。同クラブの番記者レオン・テン・ボーデは『彼は期限付き移籍するだろう』と話している」

 オランダ1部では、今夏にAZへ渡った菅原以外にも、東京五輪世代の選手が3人プレーしている。フローニンヘンの堂安律と板倉滉、ズウォーレの中山雄太だ。中村がトゥベンテでトップチームに登録されれば、エールディビジでの日本人対決の機会が増えることになりそうだ。

 東京五輪まであと約1年。菅原に続く若き日本人選手のオランダ行きが成立するのか、注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:7/16(火) 15:20
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事