ここから本文です

『スター・ウォーズ』シリーズ最終章の各国語タイトルが意味すること

7/16(火) 12:31配信

WIRED.jp

※記事はスター・ウォーズに関する公開情報やインタヴュー、噂などに基づくもので、ネタバレにつながる情報が含まれていることがあります。十分にご注意ください。

「スカイウォーカーの夜明け」公開に向けて着々と準備中!

季節は夏になってきたが、シリーズ最終章『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が12月20日に公開されるまで、すでに何をして時間を潰せばいいかわからない状態に陥っているファンに朗報だ。12月がやってくるまで、スター・ウォーズをテーマにした椅子に座って待つというのはどうだろう。

実は、シリーズにインスパイアされた高級家具が発売されているのだ。いくつか種類があるのだが、個人的にはチューバッカの毛皮のような布を使ったロッキングスツールが気に入っている。ダース・シディアスのアームチェアも座り心地はよさそうだ。

地球のニュースはこんなところだが、はるか彼方の銀河系では何が起きているのだろう。

「夜明け」という単語の意味は?

情報源:ディズニーの日本語版公式サイト
信憑性:少なくとも、タイトルは正確なはずだ。
実際のところ:映画のタイトルは内容を含め、あらゆるニュアンスを考慮して選ばれるはずだ。だとすれば、最終章のタイトルが世界各国の言語でどのように表現されるかに注目が集まるのは当然だろう。例えば、ポーランド語のタイトルには「再生(odrodzenie)」という単語が使われており、多少ネタバレ的な感じがしないでもない。

この意味では、日本語版は「夜明け」という抽象的な言葉になっており、まだましなほうだろう。ただ、日本語を知らないわたしたちには理解できない深い意味が隠されているのかもしれない。とにかく、この『スカイウォーカーの夜明け』というタイトルは発表以来、ネットでかなり話題になっている。もちろん映画が公開されるまで、すべては憶測の域を出ないわけだが……。

ちなみに、オリジナル三部作の最後を飾るエピソード6の場合、タイトルは最後の最後で『ジェダイの復讐(Revenge of the Jedi)』から『ジェダイの帰還(Return of the Jedi)』に変更された。タイトルというのは、かくも重要なものなのだ。

1/3ページ

最終更新:7/16(火) 12:31
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事