ここから本文です

連続爆破テロの余波でスリランカ観光が大打撃

7/16(火) 19:46配信

ニューズウィーク日本版

<政府は再び観光客を呼び込むために、航空会社の負担を減らしてチケット代を下げる対策も>

今年4月の連続爆破テロで激減した観光客を呼び戻そうと、スリランカ政府が必死だ。

スリランカの観光産業は好調で、昨年はGDPの4.9%を占めていた。ところがイスラム過激派組織による犯行とみられる4月の連続テロで258人が死亡。その影響で5月と6月の観光客数が前年比でそれぞれ70%と57%も減り、推計15億ドルに上る観光収入が失われた。

スリランカへの観光客数は海を渡ったインドからが最も多い。ジョン・アマラトゥンガ観光開発相は「インド全国民にスリランカは安全だと保証する。事件に関わった者は拘束された」と、隣国に呼び掛ける。「エジプトやバリ島もテロを乗り越えてきた。観光業は回復する」と、ウィクラマシンハ首相もイメージ回復に必至だ。

打開策として政府は燃料税、空港使用料の引き下げを実施。航空各社の負担を減らしてチケット代を下げてもらい、観光客を再び呼び込もうとしている。

長きにわたる内戦の末、人気観光地となったスリランカはかつての地位を取り戻せるか。

<本誌2019年7月23日号掲載>

ウェスリー・ドカリー

最終更新:7/16(火) 19:46
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・20号
8/ 6発売

460円(税込)

【特集】パックンのお笑い国際情勢入門
世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事