ここから本文です

18歳の内藤祐希が2.5万ドル大会初優勝、村松千裕との複も制す [女子テニス]

7/16(火) 21:01配信

テニスマガジンONLINE

 ITF(国際テニス連盟)の女子ツアー下部大会「サスカトゥーン女子2.5万ドル」(ITFワールドテニスツアーW25/イタリア・ピエモンテ州トリノ/7月8~14日/賞金総額2.5万ドル/クレーコート)のシングルス決勝で、内藤祐希(TEAM YONEZAWA)がエリザベッタ・コッチアレット(イタリア)との予選勝者同士の対戦を6-3 6-4で制し、優勝を果たした。試合時間は1時間21分。

2019年海外ツアー日本人選手:女子|PHOTOアルバム

 18歳の内藤がITFツアーのシングルスでタイトルを獲得したのは、1ヵ月前のカルテンキルヒェン(W15/クレーコート)に続いてキャリア3度目となる。過去2勝はいずれも1.5万ドル大会で、決勝での戦績は3勝4敗となった。

 今大会での内藤は、1回戦でマリーナ・メルニコバ(ロシア)を6-7(5) 6-0 7-6(9)で、2回戦でイペク・ソイル(トルコ)を6-4 7-5で倒し、準々決勝は予選勝者のアンジェリカ・モラテリ(イタリア)の途中棄権で勝ち上がり、準決勝ではシモナ・ウォルタート(スイス)を6-4 6-4で破って決勝進出を決めていた。

 村松千裕(グラムスリー)とのペアで出場したダブルスでも2週連続で決勝に進出した内藤は、マイアー・シェリフ(エジプト)/メラニー・ストッケ(ノルウェー)を6-0 6-2で下して単複2冠を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、IRはITFランキング上位枠、Ret.は途中棄権

<日本人選手の結果>

■シングルス決勝

○30内藤祐希(TEAM YONEZAWA)[Q] 6-3 6-4 ●2エリザベッタ・コッチアレット(イタリア)[Q]

■シングルス準決勝

○30内藤祐希(TEAM YONEZAWA)[Q] 6-4 6-4 ●18シモナ・ウォルタート(スイス)[IR]

■シングルス準々決勝

○30内藤祐希(TEAM YONEZAWA)[Q] 5-7 7-5 3-0 Ret. ●26アンジェリカ・モラテリ(イタリア)[Q]

■シングルス2回戦

○30内藤祐希(TEAM YONEZAWA)[Q] 6-4 7-5 ●31イペク・ソイル(トルコ)

■シングルス1回戦

●17村松千裕(グラムスリー)[8] 4-6 2-6 ○18シモナ・ウォルタート(スイス)[IR]

○30内藤祐希(TEAM YONEZAWA)[Q] 6-7(5) 6-0 7-6(9) ●29マリーナ・メルニコバ(ロシア)

■ダブルス決勝

○11村松千裕/内藤祐希(グラムスリー/TEAM YONEZAWA)6-0 6-2 ●4マイアー・シェリフ/メラニー・ストッケ(エジプト/ノルウェー)

■ダブルス準決勝

○11村松千裕/内藤祐希(グラムスリー/TEAM YONEZAWA)6-4 1-6 [10-6] ●14リサ・サビーノ/ガイア・サネシ(スイス/イタリア)

■ダブルス準々決勝

○11村松千裕/内藤祐希(グラムスリー/TEAM YONEZAWA)6-3 6-3 ●10リンダ・ノスコバ/フェデリカ・トレビサン(チェコ/イタリア)

■ダブルス1回戦

●6ナサリー・クラタ/内島萌夏(ブラジル/フリー)6-3 5-7 [5-10] ○5ビクトリア・ムンテアン/イペク・ソイル(ルーマニア/トルコ)[4]

○11村松千裕/内藤祐希(グラムスリー/TEAM YONEZAWA)6-3 6-2 ●12デボラ・キエーザ/カミラ・ロザテロ(イタリア)[3]

最終更新:7/16(火) 21:01
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事