ここから本文です

「欲張らない投資」が今の日本人にとって最重要科目なワケ

7/16(火) 13:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

今回は、「お金のタマゴ」の考えを利用した分散投資について見ていきます。※富裕層だけが存在を知るプライベートバンク、ピクテ。この金融機関の歴史は古く、富裕層の資産運用を通じて築いたノウハウがあります。本連載では、ピクテの投資手法をわかりやすく紹介しながら、初心者の資産運用にも役立つ投資テクニックを紹介します。

低リスクを明確に意図した「設計」の投資信託への投資

・「欲張らない投資」では、リスクを最小限に抑えて着実なリターンを得る

「欲張らない投資」とは、低リスクを明確に意図した「設計」がなされた投資信託への投資です。大きなリターンを求めるとその分リスクを負うことになるのですが、売れ筋ファンドランキングやファンドのリスク特性から想像すると、残念ながら多くの投資家が潜在的な高いリスクに気付いていないと言えるでしょう。

もちろんリスクは、突如として顕在化する恐れがあります。例えば、ある新興国の経済がクラッシュすると、市場として十分に育っていない、規模の小さな株式市場に売り手が殺到して混乱し、株価が大暴落、損失を抑えるために新興国株式を売ろうと思っても売れない・・・このように、手遅れになって初めて投資家は流動性リスクの存在に気が付くのかもしれません。

そこで「欲張らない投資」のリターンのイメージは、インフレ目標2%を上回る2~4%程度とします。それ以上は望まず、「ビクビク運用」に徹する低リスク運用を明確に意識した投資信託を組み込むべきです。投資信託のリスク・リターン特性で見た通り、日本には比較的少数しか存在しませんが、実は今の日本の人々にとって最も重要なカテゴリーだと考えています。

このカテゴリーに属するのはいわば「預金の一歩先」のような投資信託です。すべての日本の人々がリスクの高い投資をする必要はないものの、預金一辺倒から一歩踏み出して、欲張らない投資にチャレンジすることは、ほとんどすべての人に求められていることなのです。

・「ちょっと欲張った投資」では、程よいリスクで程よいリターンを得る

「ちょっと欲張った投資」は程よいリスク、いわゆる中リスクの商品特性を有する投資信託への投資です。バランスファンドを除くと、中リスクに分類できる投資信託はリスク要因をある程度限定しているものが多く、価格変動の要因が分かりやすいのが特徴です。また価格変動が程よいので「欲張らない投資」からさらに一歩踏み出して、投資への理解を高めるのに適した投資信託とも言えます。

個人投資家が投資を開始する際に一番初めに陥りやすいのが、投資信託の選別を分配率やリターンの実績だけで行い、リスクに注意を払わず、高リスク商品への投資に偏るような事態です。

このため、投資した投資信託の基準価額が大幅に下落してくると、更なる下落に不安を感じ、一部あるいはすべてを売却してしまうことがあるようです結果的にそこが底値であったりするのですが、売却した当人は自分が底値で売却したことさえ気付かないというケースもあるかもしれません。あるいは同じ投資行動を何度も繰り返すことで投資成果を上げられず、「儲からない」と資産運用を諦めてしまうことが多いようです。

中リスクの投資信託への投資メリットは、市場が調整した時も、たいていの場合は1年間の下落率が最大25%程度に抑えられることです。1年間下落率を25%以内に抑えることは5年から10年程度の投資において重要となります。また、投資家に与える心理面の影響でも下落率25%ぐらいまでは投資を行っていて大きな不安を感じさせない水準と言えます。

バブル経済崩壊後の低金利時代に入ってつい最近までは、「ちょっと欲張った投資」が投資信託運用の代表格でした。2000年前半は投資信託と言えば為替リスクを取って他の先進国の国債や優良社債に投資するものなどが常に販売上位に名を連ねていましたが、これらは典型的な中リスクの投資信託です。これらはリーマン・ショック時にも他の投資信託に比べ高い下落抵抗性を発揮しました。ただ、世界的な低金利時代になった今日では、新しい中リスク型の投資信託への投資が求められています。

1/3ページ

最終更新:7/16(火) 13:00
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事