ここから本文です

ロリとバカの攻防やいかに!? TVアニメ『女子高生の無駄づかい』第3話あらすじ&先行カット

7/16(火) 19:10配信

アニメージュ プラス

WEBコミック誌『コミックNewtype』で連載中の学園ガールズコメディを原作にしたTVアニメ『女子高生の無駄づかい』第3話のあらすじと先行カットが公開された。

【関連写真を見る】(全5点)

『女子高生の無駄づかい』は、ちょっと残念な女子が集う「さいのたま女子高校」を舞台に、とてつもないバカ・田中(通称:バカ)、アニメや漫画を愛するオタク女子・菊池(通称:ヲタ)、いつも無表情でロボットのような少女・鷺宮(通称:ロボ)を中心に、個性豊かで魅力的な仲間たちが、女子高生というキラめきに溢れた青春を無駄に浪費していく学生生活を描く。第3話では、キュートな外見にコンプレックスを抱くロリ(本名・百井咲久)とバカとの低レベルな攻防が繰り広げられる!?

<第3話「わすれもの」> 
百井咲久は、その可愛らしい見た目から周囲にいつも小さくて可愛いと言われ続けてきた。自分の容姿にコンプレックスを抱き、グレてやるとまるで尖ったナイフのように生きているのにも関わらず、周囲の反応は変わらない。そしてバカ(田中望)に「ロリ」というあだ名をつけられてしまい、事あるごとにあだ名を連呼されることに怒ったロリは、もうバカとは口を聞いてやらないと宣言する。
が、バカの巧みな誘導によって、つい返事をしてしまうロリ。さらにはバカの嘘にまんまと騙されてしまい、ロリはバカに対して最高の悪口を言うのだが......。

清々しいほどのバカと呼ばれるあだ名に恥じない(?)田中望(CV:赤崎千夏)に、本人としては心外なあだ名をつけられた百井咲久(CV:長縄まりあ)。2人の攻防やいかに!? 

 
<キャスト>
田中望(バカ):赤崎千夏 菊池茜(ヲタ):戸松遥 鷺宮しおり(ロボ):豊崎愛生 百井咲久(ロリ):長縄まりあ 山本美波(ヤマイ):富田美憂 一奏(マジメ):高橋李依 染谷リリィ(リリィ):佐藤聡美 久条翡翠(マジョ):M・A・O 佐渡正敬(ワセダ):興津和幸
<スタッフ>
原作:ビーノ(KADOKAWA「コミックNewtype」連載)
総監督:高橋丈夫
監督:さんぺい聖
シリーズ構成:横谷昌宏
脚本:福田裕子
絵コンテ:神谷智大
演出:榎本守
作画監督:斎藤千比呂、鷲田敏弥、門智昭、佐々木洋也、マスケット
総作画監督:安田祥子・古川英樹

※赤崎千夏の「崎」は右上が「立」

(C)ビーノ/KADOKAWA/女子高生の無駄づかい製作委員会

アニメージュプラス 編集部

最終更新:7/16(火) 19:10
アニメージュ プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事