ここから本文です

レバークーゼンで大ブレイクしたカイ・ハベルツは“中の上”程度に収まる器ではない【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

7/16(火) 1:35配信 有料

SOCCER DIGEST Web

バラック並みの高さに加えエジルのようなビジョンも

17ゴールを奪うなど2018-2019シーズンに大ブレイクしたハベルツ。ドイツ代表にとっては近未来の成功を約束する“保証書”のような存在だ。(C) Getty Images

 レバークーゼンで大ブレイクしたカイ・ハベルツは、同業者やドイツ代表の指揮官も認める次代のスーパースター候補生だ。その評判はヨーロッパ全土に伝わっており、もはや“中の上”程度のクラブに収まる器ではない。(文:ルドガー・シュルツェ・訳:安藤正純 2019年7月4日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック ドイツ』を転載)

―――◆―――◆―――

 バイヤー・レバークーゼンに所属する攻撃的MFのカイ・ハベルツはこの1か月間で、失望と歓喜の両方を味わった。まずは悪いトピックから。

 6月8日、ドイツ代表がEURO2020予選でベラルーシに2―0の快勝を収めた。その3日後にはエストニアを8-0と一蹴。予選2連勝を飾った。これに複雑な思いを抱いていたのが、エストニア戦当日に20歳の誕生日を迎えたハベルツだ。なにしろ2試合ともに出番なしで、ベンチを温め続けたからだ 本文:4,116文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:7/16(火) 1:35
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る