ここから本文です

ソニー、約6100万画素のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7RIV」海外発表

7/16(火) 23:26配信

PHILE WEB

ソニーは、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7RIV」を海外発表した。9月発売予定で、価格は3,500ドル。

撮像素子には61メガピクセルのCMOSセンサーを搭載。従来の42メガピクセルから大幅に向上させた。またダイナミックレンジは15stopとなる。感度はISO100–32000。

ピクセルシフト撮影に対応し、1ピクセルずつずらした静止画を16枚撮影することで、約2億4080万画素の写真撮影も行える。

従来どおり、5軸の手ぶれ補正を内蔵する。補正効果は5.5段で従来と同様。連写速度は10fps(AF/AE追従)。像面位相差のAFポイントは567点で、画面の74%をカバーする。

また、リアルタイム瞳AFにも対応。静止画だけでなく動画でも活用できるほか、人物だけでなく動物にも対応する。リアルタイムトラッキングにも対応する。

電子ビューファインダーは576万ドットの有機ELを採用。また動画は4Kが撮影可能で、S-Log2、S-Log3、HLGに対応する。そのほか、グリップのホールドや防滴防塵性能も向上させたという。

編集部:平山洸太

最終更新:7/17(水) 13:30
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事