ここから本文です

ガンガン史上“最エロ”漫画をアニメ化!! 「戦×恋」ティザーPVで戦乙女の変身シーンを公開!

7/16(火) 15:46配信

ザテレビジョン

朝倉亮介原作のテレビアニメ「戦×恋(ヴァルラヴ)」の放送が、2019年10月よりAT-X、TOKYO MXほかにてスタートする。これに先立ち、ヒロイン9人の戦乙女(ヴァルキリー)が並ぶキービジュアル&ティザーPVが公開。合わせて、朝倉、監督の直谷たかしらスタッフ陣から放送に向けてのコメントが寄せられた。

【写真を見る】ティザーPVでは戦乙女(ヴァルキリー)の変身シーンも公開!

■ 直谷たかし監督は「6巻までやります」と明言

「戦×恋」は、“アクマ”と呼ばれるほどの強面(こわもて)のため周囲から怖がられ続け、ついには人間恐怖症になってしまった高校生・亜久津拓真と、9人姉妹の戦乙女(ヴァルキリー)が繰り広げる“イチャイチャ”ラブアクション。恋をするほど強くなる戦乙女たちは、悪魔から世界を救うため、拓真を恋人に選び、イチャイチャライフをスタートさせることになる。

「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載中の原作漫画は、現在コミックス第7巻まで発行されている。監督の直谷は今回のコメントにて、「6巻までやります」と明言。ガンガン史上“最エロ”と謳(うた)われ、どんどん過激になっていく“イチャラブ”シーンをどのように描くのか。ファンにとっては大いに期待がかかるところだ。

■ 原作:朝倉亮介「ワクテカのウッキウキ」

朝倉亮介:「戦×恋(ヴァルラヴ)」の連載を始めて約4年。メディアミックスは目標の一つだったので、今回アニメ化が決まって本当にうれしいです。これもファンの皆さまの応援のおかげです。ありがとうございます! …と言ってもいまだ実感がわきませんが。。まあ、アニメ放送が始まればきっとワクテカのウッキウキになるでしょう。皆さんも楽しみにしててください!!

■ 監督:直谷たかし「6巻までやります!」

直谷たかし:「戦×恋(ヴァルラヴ)」アニメ化おめでとうございます。6巻までやります。

私も完成された映像を楽しみにしております。

■ シリーズ構成:高橋龍也「漫画としても超熱い物語」

高橋龍也:「少年ガンガン」史上最もセクシーな漫画と言われる「戦×恋(ヴァルラヴ)」がアニメに! 見どころはもちろん、7人の戦乙女姉妹たちの可憐(かれん)さと格好良さですが、少年漫画としても超熱い物語です。不幸な生い立ち(でもちょっとうらやましい)人間恐怖症の主人公・拓真がどう成長し変わっていくか、ぜひ注目してください。

■ キャラクターデザイン・総作画監督:立石聖「かわいさや色っぽさを」

立石聖:七樹、六海、五夜をはじめ、九姉妹や拓真、魅力あふれる「戦×恋(ヴァルラヴ)」のキャラクターたちのかわいらしさや色っぽさ、そしてカッコ良さを表現できるよう、頑張ります。

※高橋達也の「高」は“はしごだか”が正式表記(ザテレビジョン)

最終更新:7/16(火) 17:11
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事