ここから本文です

草なぎ剛、香取慎吾主演作を絶賛「もう…悔しいね」

7/16(火) 10:25配信

ザテレビジョン

7月14日に放送されたラジオ番組「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)で、香取慎吾と草なぎ剛が、香取主演映画にまつわるエピソードを披露。草なぎ剛が「悔しい」とコメントする一幕があった。

【写真を見る】少しだけMattになった香取慎吾と草なぎ剛

香取主演の映画「凪待ち」で、共演者であるリリー・フランキーとのやりとりを見て泣いてしまったというお便りを紹介した草なぎ。

「ネタバレもありますけど。なんかもう、みんないいって言うからさ。なんかもう…悔しいね」とコメント。香取は「お!うれしいですね。俳優・草なぎ剛に悔しいなんて言ってもらえるなんて本望じゃないですか」と喜んだ。

草なぎは「間違えて『ザ・ファブル』見ちゃってね(笑)。『ファブル』見ちゃったんだよなー」と劇場を間違えてしまったと告白。改めて「でも本当良かった『凪待ち』」と褒めていた。

続けて「ネタバレなっちゃうから言えないんだけど、この間は慎吾の存在感が素晴らしいと言いましたけど、あと印象に残ってるところはね、乱闘シーンが意外に多くて。それがすごい良かった」と具体的なシーンを挙げた。

「俺、厳しいのね、乱闘シーンってめちゃくちゃ。すごい厳しいのよ。これ当たってねぇじゃねぇかとかさ、でも当たってなくてもいいのよ。

それって要するにフィクションだしさ。本当に当てないとダメだとか言う人もいるけど、痛いじゃん、そんなんじゃなくていいのよ。

ちゃんとできてるなって。もちろん殺陣の方もいたんでしょうけど。そこにちゃんと郁男としての、役としてちゃんと、踊りとかじゃない、振り付けじゃない、痛々しさが超出てて」と草なぎはたたえた。

香取から乱闘シーン以外で、気になったシーンを聞かれると、祭のシーンを挙げた。

「あれ、1カットじゃないと思うんだけど…」と草なぎが予想すると、香取は「ワンカット、ワンテイク!」と明かした。「ワンカットで、300人のエキストラのなか。夕暮れを狙いたって言って。だって後半でぬれちゃったりもするから、一発本番!」と撮影秘話を語った。

さらに、草なぎは「賭博場から出てきて泣くところ。歩いて。ああいうのってさ、前後ないからさ、出てきたところからやるわけじゃん。ああいうのって気持ちつながってないとできないじゃん」と褒めると、香取は急きょ撮影場所が変更になったことを告白。

草なぎは「それがいいんだよね。すごい準備されてるような感じもしないし。だから、いろんな映画のマジック、奇跡が起きてたんだね。本当に最高ですよ」と改めて絶賛した。

最後に、香取が「悔しいって言ってくれて、これはうれしい」と草なぎの言葉をかみ締めていた。SNS上では「乱闘シーンはすごい迫力だった!」「悔しいと言える関係は素晴らしい」などの声が寄せられていた。「ShinTsuyo POWER SPLASH」は毎週日曜夜7時から放送。(ザテレビジョン)

最終更新:7/16(火) 10:25
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい