ここから本文です

森本慎太郎、22歳の誕生日を“カツプレート”で祝福!「この現場で鍛えていただければ」

7/16(火) 16:00配信

ザテレビジョン

上野樹里主演の月9ドラマ「監察医 朝顔」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)に出演中のSixTONES・森本慎太郎が、7月15日に22歳の誕生日を迎え、共演者から撮影現場で祝福を受けた。

【写真を見る】真剣な顔つきで身元究明に臨む朝顔(上野樹里)と光子(志田未来)

同ドラマは、上野演じる新米法医学者・万木朝顔と、時任三郎演じる刑事の父・平という異色の親子が、かたや解剖、かたや捜査により、遺体に遺されたさまざまな謎を親子二人三脚で解き明かしていく。

法医学と刑事の世界を舞台にしながら、父娘の日常を丁寧に描くストーリーが「涙腺崩壊しました」「俳優さん、脚本、音楽、どれも素晴らしかったです」「心が震えるドラマ」「主人公を見守りたい」と反響を呼んでいる。

誕生日を迎えた森本は、朝顔(上野)たちが勤める法医学教室が管轄している野毛山署の強行犯係に勤め、平(時任)や、朝顔の恋人であり新米刑事の桑原真也(風間俊介)と同僚である刑事・森本琢磨を演じている。

■ “カツプレート”と“森本Tシャツ”でお祝い!

7月15日に撮影されたのは、平や桑原、強行犯係係長の山倉伸彦(戸次重幸)、森本、新米刑事の愛川江梨花(坂ノ上茜)ら強行犯係に所属する刑事たちが集まった、とある事件の捜査会議のシーン。

演出の平野眞監督とキャストが撮影前のリハーサルを行った後、「本日は森本慎太郎さんの誕生日です!」というスタッフの掛け声とともに、バースデーケーキが。

過去、風間の誕生日の際にはドーナツプレートを、中尾明慶の誕生日の際には焼きそばプレートを用意したスタッフ。今回の森本の誕生日に用意したのは、カツサンドを積み重ねた“カツプレート”だった。

そのユニーク過ぎるバースデーケーキに、森本のみならず強行犯係一同驚く中、さらにドラマスタッフから森本へ誕生日プレゼントが贈られる。

早速、森本が開封すると、出てきたのは白地に大きく“森本”と印字されたTシャツ。Tシャツにジャケットを羽織るスタイルが多い森本にちなんだプレゼントで、この意外な贈り物には森本も大笑い。

森本は「22歳になりました。強行犯係では一番年下です。この現場で鍛えていただければと思います。今日は本当にありがとうございます!」と感謝の言葉を口にし、早速プレゼントの“森本Tシャツ”を着用して記念撮影を行った。

■ 第3話(7月29日[月]放送)のあらすじ

朝顔(上野樹里)は、恋人の桑原(風間俊介)からプロポーズされる。が、すでに2人の関係に気付いていた平(時任三郎)は「あいさつがない」などと言って交際に反対する。

あくる朝、平は朝顔と話すことを拒むかのように、いつもより早く出掛けようとする。そんな平を玄関まで追い掛ける朝顔。その時、2人のスマートフォンに火災が発生して多数の死傷者が出たという連絡が入る。

火災現場の雑居ビルでは、神奈川県警捜査一課を中心に捜査が進められていた。ビルは、1階は貸倉庫、2階は空き室で、火元となった3階には1年ほど前まで消費者金融が入っていた。

出火原因は、何者かがガソリンを撒いて火をつけた可能性が考えられる。平と共に現場を訪れていた桑原は、係長の山倉(戸次重幸)から署に戻るよう指示される。

桑原が命じられたのは、野毛山署に置かれる捜査本部の設営準備だった。

興雲大学の法医学教室を訪れた平たちは、朝顔らに現場の出入り口を映した防犯カメラの映像を見せる。

そこには、5人の男がビルに入っていく姿が映っていた。だが、発見されたのはいずれも損傷が激しい4体の焼死体で、1人が姿を消していた。

平は、遺体を調べて部屋に誰がいて誰がいなかったのかを特定してほしいと朝顔らに依頼。

茶子(山口智子)が不在の中、朝顔は藤堂(板尾創路)や絵美(平岩紙)らと共に、1体ずつ遺体の解剖を始める。(ザテレビジョン)

最終更新:7/22(月) 9:28
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事