ここから本文です

さかなクンも「ギョギョギョ!」古代エジプトと魚の不思議な関係<世界ふしぎ発見!>

7/16(火) 18:35配信

ザテレビジョン

東京海洋大学名誉博士でタレントのさかなクンが、7月20日(土)放送の「世界ふしぎ発見!」(毎週土曜夜9:00-9:54、TBS系)でミステリーハンターに初挑戦。古代エジプトと魚の不思議な関係に迫る。

【写真を見る】放送1500回を迎えた「世界ふしぎ発見!」

古代エジプトではナイル川が毎年氾濫し、大地が肥沃になることを利用して農業が営まれていた。

その一方で、実はナイル川と紅海では漁業も盛んに行われ、さまざまな魚が貴重な動物性タンパク質として人々の暮らしを支えていたという。

壁画にいろいろな魚と漁の様子が描かれている古代墓を訪れたさかなクンは、壁のレリーフを指さして、ボラやフグなどと名前を挙げて魚の特徴を解説。

また、古代からの伝統を守って魚を捕らえている漁師に同行し、漁の方法を学び、魚を調理してもらい試食するなど、さまざまな視点からリポートする。

さらに、エジプト考古学博物館では、魚のミイラに遭遇し、紅海で水中ドローンを投入して海の生物たちの生態を観察。さかなクンも驚きの魚の撮影が成功するなど、予想外の展開が起きる。

エジプトから帰国後、さかなクンは現地で発見した疑問を解くために、エジプト考古学者の名古屋大学高等研究院准教授・河江肖剰(かわえ・ゆきのり)氏を訪ねる。

究極の魚のプロと、究極のエジプト考古学のプロの二人による初対談は、放送に先立ち一部をTBS公式YouTubeで公開中。

「ファラオも漁をしていたのか?」「魚のミイラの正体とは?」などの疑問に対する河江氏の解説にさかなクンが「ギョギョギョ!」と驚き続ける一方、さかなクンの魚に関する深い知識に、河江氏もうなずきながら聞き入り、大いに盛り上がった。(ザテレビジョン)

最終更新:7/16(火) 18:35
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事