ここから本文です

レアル久保、アザールと英語で“爆笑シーン”の反響拡大 海外メディア「子供時代の夢が…」

7/16(火) 9:30配信

Football ZONE web

久保とアザールの軽妙な掛け合いにスペインメディアも注目

 FC東京からスペインの名門レアル・マドリードに移籍した日本代表MF久保建英は、カナダのモントリオールで行われているトップチームのキャンプに参加。プレーで存在感を発揮するだけではなく、語学力の高さも注目されてきた。そのなかで同じく新加入のベルギー代表MFエデン・アザールとの円滑なコミュニケーションから生まれた“爆笑シーン”の反響が拡大している。

【動画】「久保の子供時代の夢が一つ叶った」 憧れのアザールと英語で軽妙な掛け合い、 “爆笑シーン”の一部始終

 日本代表の一員として参加したコパ・アメリカ(南米選手権)の期間中、久保のレアル移籍が決定。7日にスペインの首都マドリードへ出発し、9日には北米遠征のためトップチームに帯同して一路カナダへ向かった。

 久保はクラブ公式メディアによるスペイン語のインタビューを受けながら、トレーニング場を移動。その途中でアザールを見つけると、「試合前にあなたの映像を見ているよ」と英語で話しかけた。するとアザールは「素晴らしい」と返し、久保とともに爆笑。インタビュアーから「彼(久保)はいいプレーをできると思いますか?」と問われると、アザールは「もちろん。僕の映像を見ているならね」とジョークを飛ばしていた。

 スペインラジオ局「カデナ・セール」は「久保はレアル・マドリードにおいて、プレシーズンの最も魅力的な存在だ。18歳の“日本の真珠”は、カスティージャ所属ながらファーストチームの北米遠征に帯同している」と紹介し、アザールとの一幕を伝えた。「日本人とベルギー人は冗談を飛ばし合った。久保の子供時代の夢が一つ叶った」と綴り、世代も出身も違う2人の邂逅にスポットライトを当てている。

 参考にしてきた世界的プレーヤーであるアザールと、軽妙な掛け合いを生み出して話題をさらっている久保。ピッチ上で奏でるハーモニーにも期待が高まるところだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/16(火) 13:49
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事