ここから本文です

レアル久保、“華麗フェイント弾”をスペイン紙称賛 「日本の真珠」「なんて素晴らしい!」

7/16(火) 12:30配信

Football ZONE web

北米遠征に帯同の久保、スター選手とトレーニングを実施 圧巻スキルで2ゴール

 今夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードへ移籍した日本代表MF久保建英が、トップチームの北米遠征に帯同しているなか、スター選手に交じって圧巻のスキルを見せつけた。レアル公式がゴール映像を公開し、スペインメディアは「日本の真珠」「なんて素晴らしい!」と賛辞を送っている。

【動画】「日本の真珠」「なんて素晴らしい」とスペイン紙絶賛! レアル久保建英、名GKナバスから衝撃の“華麗フェイント2ゴール”

 6月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で後半途中から出場した久保は、歴代2番目の若さとなる18歳5日で代表デビューを飾ると、直後のコパ・アメリカ(南米選手権)にも継続招集。大会初戦の直前にレアルへの移籍が決まったなか、全3試合で起用されて存在感を示した。

 久保はレアルB(カスティージャ)の所属ながら、トップチームの北米遠征に帯同。スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやウェールズ代表FWギャレス・ベイル、ブラジル代表DFマルセロ、元フランス代表FWカリム・ベンゼマらに交じって汗を流している。

 トップチームは現在、バイエルン(現地時間20日/ヒューストン)、アーセナル(23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)とのプレシーズンマッチに向けて調整を進めるなか、急速に注目度を高めている1人が久保だ。レアル公式ツイッター日本語版が15日に久保のプレー映像を公開している。

 映像では久保の2ゴールを収録しているなか、1点目はスキルが光った。左サイドから中央にパスが入った瞬間、久保は3人目の動きで縦へ抜け出してボールを受けると、守護神のコスタリカ代表GKケイラー・ナバスと1対1の場面を迎える。左足でシュートを放つと見せかけた久保だが、足裏でボールを転がして名手をいなすと、タイミングをずらして右足でゴールを決めた。

華麗なまたぎフェイントからGKナバスを再び翻弄――「高質の素晴らしいプレー」

 さらに2点目のシーンでは、ゴール前に侵入した久保が華麗なまたぎフェイントで相手を抜き去ったなか、再びGKナバスと対峙。わずかに空いたコースを見極め、久保は左足アウトサイドの絶妙なキックで逆サイドのネットに突き刺している。

 加入間もない日本の18歳アタッカーがインパクトを残し、スペイン紙「スポルト」がすぐさま反応。「なんて素晴らしい! マドリードのトレーニングで久保が輝く」と見出しを立ててプレー映像を紹介した。

 記事では「日本の真珠は、レアル・マドリードのトップチームとモントリオールにいる」と言及。レアルBの久保が、トップチームのスター選手に交じって同じメニューを消化しており、鮮やかなフェイントからの2ゴールに「トレーニングにおいて、高質の素晴らしいプレーを見せた」と称えている。

 日に日に評価を高めている久保。最短で20日(日本時間21日9時)のバイエルン戦が“レアル初陣”になるなか、強豪との一戦で輝きを放つだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/16(火) 13:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事