ここから本文です

5年総額123億円で決着!? マンU守護神デ・ヘア、給与アップで契約延長と英紙報道

7/16(火) 14:20配信

Football ZONE web

停滞していた契約交渉がついに合意か マンUは守護神を全力で慰留

 長く停滞してきたマンチェスター・ユナイテッドとスペイン代表GKダビド・デ・ヘアとの交渉だが、「5年契約総額9100万ポンド(約123億円)」という条件でついに合意に向かっているようだ。英紙「ザ・サン」が報じた。

 デ・ヘアは今年1月、契約延長オプションでユナイテッドとの契約を1年更新したが、それも来年の2020年6月末で満了を迎える。クラブとしては絶対的な守護神として君臨する28歳の慰留は再優先事項となっており、契約延長に向けて動きを強めていた。

 交渉の進展がないまま新シーズンに向けたプレシーズンがスタートしていたが、デ・ヘアの要求していた給与アップをユナイテッドが受け入れ、ついに契約延長が近づいているようだ。

 記事によれば、週給は30万ポンド(約4050万円)から35万ポンド(約4730万円)にアップ。ユナイテッドは守護神と5年総額約123億円にも及ぶビッグディールを結ぶことになるとされている。これまでユナイテッドは4年契約+オプション1年でオファーしてきたが、契約期間についても改めて交渉を行っていたようだ。

 レアル・マドリードやパリ・サンジェルマンから引き抜きの手が伸びているデ・ヘアだが、今後も“赤い悪魔”の一員としてプレーを続ける可能性が高まっている。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/16(火) 14:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事