ここから本文です

ファッションの安直な模倣に物申す

7/16(火) 18:00配信 有料

WWD JAPAN.com

「ザ・リラクス」のコート(左)と「ザラ」のコート

ファッションは、オマージュやサンプリングの繰り返しで歴史を築いてきた。今、モードのトップを走るデザイナーたちも、メゾンを象徴するモチーフやシルエットに敬意を払い、サンプリングすることで新たなクリエイションを生み出している。一方で、最近は歴史への敬意やデザインの背景すら感じられない、安直な模倣品も世界中で氾濫している。サンプリングと模倣品には明確な基準がないため、われわれメディアも含めて模倣に対する感覚が麻痺し、もはや見て見ぬ振りという意識さえないほどに、日常になってしまっていた。しかし、そんな状況が変わりつつある。(この記事はWWDジャパンvol.2092からの抜粋です) 本文:2,084文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:7/16(火) 18:00
WWD JAPAN.com

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る