ここから本文です

稲垣吾郎の新しい主演舞台が「ファン垂涎」と言われるワケ

7/17(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は稲垣吾郎について。

【別写真】これはカッコイ!稲垣吾郎の白スーツ姿

 * * *
 ファン垂涎の主演舞台『君の輝く夜に~FREE TIME,SHOW TIME~』東京公演(日本青年館)を来月に控えるのが稲垣吾郎。

 7月23日からの「チケットぴあ」「EVENTIFY」「イープラス」による一般販売を前にメディア取材に追われる日々である。

 同演目は、稲垣がPARCO劇場において3度演じた『恋と音楽』シリーズのクリエイター陣が再び集結。稲垣とタッグを組んだ、大人のためのオシャレで贅沢なオリジナルミュージカル。

 昨年8月の京都公演(京都劇場)に続き、今回の東京公演(日本青年館)と相成った。
 
 気心の知れたクリエイター陣の筆頭は、それ以前から稲垣とタッグを組んできた作家の鈴木聡氏。氏による、いわゆる“あて書き”は、「吾郎ちゃんのプライベートって、もしかしたら、こんな風なのかもしれない」とファンをワクワクさせる台詞や設定が散りばめられている。

◇軽やかなメロディーとスタイリッシュな稲垣がピタリとハマる

 そして音楽監督・ピアニストには、これまた稲垣に合わせて佐山雅弘氏が担当してきた。佐山氏をはじめ、音楽をこよなく愛するベテランミュージシャンらは、ファンが「エンジェル・ボイス」と呼び、酔いしれる稲垣の歌声や声量、音域を熟知。軽やかなメロディーと、スタイリッシュな稲垣はピタリとハマっていて、だから「ファン垂涎の主演舞台」なのである。

 実は佐山さんは昨年11月に急逝。今作では、稲垣ファンも佐山さんへの追悼の想いと感謝をこめながら観劇するに違いない。

 今作で稲垣の周りを囲むのは、安寿ミラ、北村岳子、中島亜梨沙という、美しくてカッコよくてチャーミングな女優陣。昨年8月の京都公演で稲垣は自らを「はべらしゴロー」と称しており、心から楽しんでいる様子だった。

1/3ページ

最終更新:7/17(水) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事