ここから本文です

仕事のストレスを周りに伝染させないためには?

7/17(水) 10:01配信

ライフハッカー[日本版]

どんなに楽に見える仕事でも、何らかのストレスはあるものです。

たとえば、子犬と遊び、アイスクリームを食べながらマッサージまで受けて、さらには「あなたって素晴らしい!」と称賛されることが仕事だったら夢のようです。

それでも、子犬がひっきりなしに吠えたり、おしっこをしてしまうこともあれば、頭が「キーン」とすることもあったりで、ストレスの種は尽きません。

仕事のストレスは職場だけに留めておければいいのですが、どうしても家庭に持ち込んでしまうことがあります。

よくある話ではあるものの、仕事の愚痴をこぼしすぎて、周囲にストレスを与える人間にはなりたくないものです。

Harvard Business Review
は最近、仕事のストレスを周囲に伝染させないための方法をいくつか紹介していました。

その中には、「気分をリセットする時間を作ること」や「どれだけストレスに苦しんでいるかを話す代わりに、どのようにストレスに対処しているか周囲とシェアすること」などさまざまな方法をおすすめしています。

こうした方法を実践して、できるだけ職場のストレスをコントロールできるようになりたい…。

そのコツを専門家の方々に聞いてみました。

1. 意識的にポジティブな気持ちを持つ

時には、自分の時間をつくることも大切です。そしてそれは休息にもつながります。

たとえば、10分ほどの短い休憩を1日に2、3回取って積極的に気分をリセットするなど、セルフケアの時間をつくることなどが良いとされています。

また、休憩時間には、水を飲む、スナックを食べる、外に出て新鮮な空気を吸う、手を洗う、近所をちょっと散歩するなどの行動をとると良いそうです。

認定セラピストであるMayra Mendez博士がこうした方法を推奨しており、彼女は、カリフォルニア州サンタモニカのProvidence Saint John’s Child and Family Development Centerで知的障害・発達障害・精神衛生管理のプログラムのコーディネートもしています。

そのほかにも、Mendez博士は、ストレスフルな仕事から1、2分でもいいから離れて、心温まる思い出や過去の成功体験を振り返ったり、楽しみにしているイベントのことを考えることが良いと話しています。

また、現在携わっているプロジェクトから見込まれるポジティブな結果を考えたり、作業のサポートを求めて仕事を楽しめるようにすることも良いのだとか。

前向きな気持ちで、日常生活の中にリラックスできる時間を作るようにして、ストレス管理がしやすい環境を整えましょう。

1/3ページ

最終更新:7/17(水) 10:01
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事