ここから本文です

【ディズニー】新アトラクションは世界中の名所を巡る空の旅! 「ソアリン:ファンタスティック・フライト」

7/17(水) 18:16配信

オーヴォ

 いよいよ7月23日にオープンする、ディズニーシーの新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」。7月17日に行われたプレスビューで、OVO編集部は一足先に体験してきちゃいました! その魅力をお伝えします。

匂い、風で感じる世界中の名所を巡る空の旅に思わず感動!

 メディテレーニアンハーバーの丘にある、空を飛ぶという人類の夢をたたえる特別な博物館「ファンタスティック・フライト・ミュージアム」では、飛行の研究に情熱を注ぎ、未来を夢見て努力し続けた女性、カメリア・ファルコの人生を振り返る特別展が開催されています。

 博物館を訪れたゲストは、さまざまな展示物を見ながら館内を巡り、カメリアの功績をたたえる特別展のギャラリーに入ります。そこでゲストは、カメリアとスピリットとの不思議な出会いを体験し、最後にはカメリアと仲間たちが開発した空飛ぶ乗り物、ドリームフライヤーに乗り込みます。「イマジネーションや夢を見る力があれば、時空を超え、どこにでも行くことができる」と信じていたカメリア。その思いが込められたドリームフライヤーとゲスト自身のイマジネーションや夢を見る力が、ゲストを壮大で爽快な空の旅へといざなうのです。

 まずは、「ファンタスティック・フライト・ミュージアム」のロビーに向かいましょう。次に、博物館の常設展の展示会場を抜けると、カメリアの生誕100周年を記念した特別展のギャラリーへとつながっています。そこではカメリアの肖像画や彼女が愛したハヤブサ、アレッタの像が飾られています。カメリアが旅をした世界中の記録はとても見ごたえがあります。待機中にぜひ見てみてくださいね!

 さあ、ギャラリーを抜ければいよいよドリームフライヤーのある博物館の屋外テラスです。ドリームフライヤーに乗り込む前に、荷物や帽子、飛ばされやすいものを座席下にある荷物入れへ。また、荷物入れに入らない大きな荷物や傘、車いすなどはテラスの荷物専用エリアに置きましょう!ちなみに荷物入れは、リュックサック、カメラ、サコッシュくらいなら楽々入る大きさでした。

 落下防止用のシートベルトを締めれば、あとは飛び立つのを待つだけ!世界中の名所や大自然の風や匂いをライドに乗って楽しんで下さい。旅が終わり、テラスに戻ってきたときあなたはきっと思わず拍手をしてしまうことでしょう!私はしました。

アトラクション概要

所要時間:約5分
乗車定員:1シアターあたり87人
シアター数:2シアター

アトラクションを楽しんだ後は、空をイメージしたグルメで小腹を満たそう!



 「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」では澄み渡る大空をイメージした「ファンタスティック・フライト・チュロス(パイナップル)」(税込み400円)とすっきりと晴れた空をイメージした「ファンタスティック・フライト・ドリンク(ライチータピオカ)」(同450円)が、7月19日から登場。チュロスは、この季節にもぴったりな甘酸っぱいフレーバーで、空色のグラデーションと相まって、爽やかな気分で楽しめます。ドリンクは、レモンゼリーとライチー味のタピオカが入っていて、一口ごとに食感が違うのがクセになりそう!

 そしてポップコーンワゴン(ヴィア・デッレ・ヴィティ)では、ミッキーマウスやディズニーの仲間たちが「ドリームフライヤー」に乗って青空を楽しんでいる様子をデザインしたポップコーンバケットが新登場。昨年登場した新フレーバー「麻辣(マーラー)味」を入れてパークを散策しよう!

最終更新:7/17(水) 18:16
オーヴォ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事