ここから本文です

ジャニー社長の“家族葬”、当日の流れと火葬場での嗚咽

7/17(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 棺の中のジャニー喜多川社長(享年87)は、小柄な体が一回り小さくなりやせているが、いつも通りの穏やかな表情を浮かべていた。思い思いの品を棺におさめながら、笑顔でお礼を言う人あれば、赤い目で涙をこらえる人もいる。お別れをすませると祭壇の前へと集まった。総勢127人。ジャニー社長が「子供たち」と目をかけてきたジャニーズ事務所の所属タレントが並んだ記念撮影だ。

【別写真】ジャニー氏の訃報に駆けつけた多くのタレントたち

 ジャニー社長の遺影正面には“長男”の近藤真彦(54才)。東山紀之(52才)や元光GENJIのメンバー、木村拓哉(46才)、TOKIOのメンバーと“先輩”タレントが最後列に並ぶ。その前列に嵐、関ジャニ∞、KinKi Kidsの2人が隣同士で笑みを浮かべ、その仲のよさにファンは安堵した。

 ジャニー社長の「家族葬」が行われた7月12日、冷たい雨が降る中、「子供たち」は東京・渋谷にある関連会社「ジャニーズアイランド」の稽古場に集まった。

 12階建てのビル最上階、幅15m、奥行き35mの広大なスタジオ。ジャニー社長は緊急搬送された6月18日の前日もここを訪れており、ジャニーズJr.のレッスンを見守っていた場所だ。

 窓際には幅10mもある祭壇、白い胡蝶蘭やトルコキキョウで埋め尽くされたその真ん中にジャニー社長の遺影が飾られている。7色のプレートに囲まれて、天井にはミラーボールが吊られている。Jr.のメンバーたちの手には「I Love HIROMU」と書かれたうちわが握られている。HIROMU=擴はジャニー社長の本名だ。

「家族葬を中心になって取り仕切ったのは滝沢秀明さん(37才)。ジャニーさんの愛したステージのように、コンサートのようにして見送りたいと考えて、スタッフやタレントとコンタクトを取りながら細やかな準備をしていました。豪華で盛大な明るい会にしたいと設営から運営までタレント自身で行っていました」(芸能関係者)

◆棺が炉に入ると嗚咽がもれて

1/3ページ

最終更新:7/17(水) 17:12
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事