ここから本文です

【都市対抗】元日本ハム・東芝の新垣勇人コーチが期待する投手とは?/JABA公式サポ・豊島わかなの熱視線!

7/17(水) 16:01配信

週刊ベースボールONLINE

7月13日から13日間、東京ドームで行われる第90回都市対抗野球大会。全国12地区の予選を勝ち抜いた36チームが出場する栄光の「黒獅子旗」をかけた社会人野球の祭典です。週刊ベースボールONLINEでは、都市対抗野球大会にまつわるさまざまな情報や知られざる秘話を『JABA公式サポーター』が日替わりで発信していきます。本日は豊島わかなさんです。

チームを活気づける明るい性格

 今季、北海道日本ハムファイターズから古巣である東芝野球部にコーチとして復帰した新垣勇人コーチ。まだ野球を続けたいという思いを少し残しながらも、今度はコーチとして若手の育成に尽力し、チームに恩返しをしようと奮闘中です。

 昨年プロで現役を続けることが難しくなったものの、マウンドに立ち続けたいという気持ちがあった新垣コーチは、平馬淳監督から「コーチとして戻ってこないか」と話をもらったときは少し複雑な気持ちがあったそうです。

「ただ、プロに行ってからもオフのときはグラウンドに練習に行っていたので、選手と顔見知りでした。そのため、コーチとしてチームに戻って優勝に貢献がしたいと今は思っています」

 東芝といえば、パワフルな打撃と安定した投手陣の活躍が目立つチームです。これを長年維持し続ける秘訣はどこにあるのかお聞きしたところ、

「自分の現役時代よりも、若手やベテラン関係なく、進んで練習に励む姿が見られます。一人ひとりが自分の持っている力を高めるために自主的に取り組んでいるので意識が高く、これが強さにつながっているのでは」

 と、練習量と選手の主体性を大切にしていることが、チームを常勝チームへと導く秘訣なのではと分析していました。

 現在、東芝には岡野祐一郎投手と宮川哲投手といったドラフト候補の選手が在籍しています。両選手に視線が注がれがちですが、新垣コーチは3年目の近藤凌太投手とルーキーの柴田祐斗投手の今後に期待しているそうです。

「近藤はストレートに磨きがかかってきました。柴田は伸びのあるストレートと、ルーキーらしい思いきりの良さがあり、今後が楽しみです」

 と両選手を評価しているようです。

 7月16日に行われたJR東海との初戦は、先発・岡野投手の完成度の高い投球で相手をねじ伏せ、3対1で勝利をしました。

 試合後、平馬監督は新垣コーチの明るい性格がチームをさらに活気づかせていると語り、指導者として期待していると話していました。

 現役を引退しても、新しいポジションで輝き続ける新垣コーチ。頼もしいコーチ支えられて、ますます東芝の投手陣の成長が楽しみになりました。

公式サポーター日本野球連盟YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC26D0n0-QuxyIghG0WqbN0A

PROFILE

とよしま・わかな●1986年12月14日生まれ。愛知県出身。ニックネームは「豊ちゃん、わかちゃん」。趣味は昼寝、特技は書道。

たなか・ゆみ●1992年5月21日生まれ。神奈川県出身。ニックネームは「ゆーみん」。趣味は動物とたわむれる、特技は脚が柔らかいこと。

わかな・なつみ●1990年10月24日生まれ。神奈川県出身。ニックネームは「なっちゃん」。趣味も特技もダンス。

週刊ベースボール

最終更新:7/17(水) 16:08
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事