ここから本文です

今季ワードローブに揃えておきたいアイテム11選

7/17(水) 7:05配信

MEN’S CLUB

 これらのアイテムがワードローブに揃っていれば、着こなしをアップデートすることもかなうはず。
 
 このアイテムたちを利用して、理想のスタイルが楽しんでください。

《 ギャラリー 》味気ない白Tから、品よく洒落たニットへシフト

インナーに映えるビビッドカラー

 ネイビーやカーキなどの寒色系のジャケットには、同じく寒色系のニットを合わせるのが正攻法となります。

 柔らかくもコシのあるコットン素材は、着心地も快適です。この「スローン」のニットのややゆったりとしたシルエットは、今季らしい仕上がりです。(スローン)

マルチカラーのボーダーでVゾーンにワンランク上の彩りを

 柄をアクセントにする着こなしもおすすめです。取り入れやすいのは、こんなボーダー柄。中でもマルチボーダーなら、ワンランク上のアクセントの演出ができるでしょう。

 こちらも、色の系統を合わせてコーディネートすることが正解となります。(フランカ パトゥーミ)

リネンブレンドのニットで清涼感も同時に獲得

 約250年の歴史を持つ、スコットランドの由緒正しきニットブランド「ドルモア」のニットもおすすめです。

 リネン混のニットなら、インパクトとともにさりげなく清涼感を漂わせてくれるところが魅力です。これからの季節に最適な素材と言えるでしょう。(ドルモア)

主張はありつつイージーなバランスのいいデザイン

 ナポリのパンツ専業ファクトリーである「ジェルマーノ」。4ポケジャケットスタイルに、今っぽい抜け感を演出するならこんなデザインもおすすめです。

 ウエストはドローコード仕様で、着心地もストレスフリー。(ジェルマーノ)

色で迷ったらまずはカーキを選ぶと安心

 色合わせがしやすく、思った以上にコーディネートしやすいカラーであるカーキ。

 サイドにアジャスター付きで、ベルトレスで着用可能。裾に向かってすっきりとテーパードする…繊細に計算されたパターンワークは、美脚効果も抜群です。(PT01)

リネン素材の軽快さで着こなしに抜け感を

 あくまでジャケットの重さを軽減して軽快さを生かした着こなしを狙うなら、このリネン100%のパンツを。

 はき込むほどに生地の風合いが豊かになる、リネン素材ならではのエイジングも楽しめます。(ロータ)

ビットをスケールダウンしてよりエレガントなイメージに

 同ブランドの定番のビットローファーをベースに、ビットをレディスサイズに変更したグジの別注モデル。

 アンライニングで履き心地はカジュアルながら、ルックスはエレガントなハイブリッドな一足です。(フェランテ)

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 7:05
MEN’S CLUB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2018年4月号
2018年2月24日発売

定価:880円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事