ここから本文です

フラッグシップ「ベルテックスメタルグローブ」は頂点を名乗るに恥じない優れた操作性と保護性能

7/17(水) 11:30配信

WEBヤングマシン

ラインナップの頂点にふさわしい実力

今春、独自のブランドを立ち上げたフラッグシップ。春夏シーズン向けとして5種類のグローブをラインナップしており、今回は最も高価なモデルをテストしてみた。インパクト大のルックスは好みが分かれるだろうが、フィット感や操作性、安全性については高い水準にあり、ラインナップの頂点にふさわしい実力を有していた。

【写真をまとめて見る】

(◯)曲げ伸ばしがスムーズ。適度な通気性も好印象

オートレースの現トップランカーであり、元アイドルの森且行選手をイメージキャラクターに起用するなど、自社ブランドの知名度アップに尽力するフラッグシップ。春夏シーズン向けとして5種類のグローブをラインナップしており、今回は最も高価なモデルをテストしてみた。

FG-S195Gベルテックスメタルグローブ[フラッグシップ]●価格:1万7064円 ●サイズ:M、L、LL●色:黒/金、黒/銀、黒/黒

【ゴートレザーとメッシュのコンビ】手のひら側は柔軟なゴートレザー(山羊革)で、カーボンスライダーを装備する。甲側はポリエステルメッシュをベースに、一部にPUレザーを組み合わせる。

カラバリは全3種類で、メタルプレートだけでなく、刺繍ロゴやステッチの色まで統一。

ベルテックス(頂点)というワードを冠するこのグローブ、ご覧のとおりメタルプレートが圧倒的な存在感を放っている。いかにも硬派な雰囲気を漂わせるが、実際に装着してみると拍子抜けするほど指の曲げ伸ばしがスムーズだ。これは甲部のカーボンプロテクターも含めてフローティング構造を採用しているからであり、付け加えると指先の甲側が外縫いになっているのでゴロつきがないのもうれしい。手のひら側の素材は山羊革で、しなやかなだけでなく適度なグリップ力が好印象。人差し指には導電生地が縫い付けられているが、実際にはどの指先でもスマートフォンが操作でき、使い勝手は良好だ。

甲側のポリエステルメッシュによる通気性はほどほどで、蒸れを効果的に減じてくれる。頂点を名乗るにふさわしい良品と言えるだろう。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 11:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年09月号
7月24日発売

定価880円(税込)

大特集:カテゴリー別 新車走評200車
新製品テスト NinjaH2SXSE+他
好評ヤンマシ写真部 顔面博覧会
別冊付録:ツーリングバッグ大図鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事