ここから本文です

乗用車も真っ青の使い勝手と安全性! 「ミラクルオープンドア」も採用した新型スバル・シフォンが登場

7/17(水) 10:00配信

WEB CARTOP

機能を向上した新スマートアシストを全車に標準装備

 SUBARUは2019年7月16日(火)、ダイハツ工業からのOEM供給車である新型「シフォン」を発表。2019年7月25日(木)から発売を開始する。

新型シフォンの内外装!

 新型シフォンは日常での使い勝手と安全性能を追求した。開放感のある広い室内に加えて、センターピラーレスドアなどの便利な装備を搭載。先進安全システムの機能を大幅に向上した新「スマートアシスト」をスバル車で初めて採用し、全車標準装備とした。

 室内は乗員からルーフやフロントガラスまでのゆとりを多くとった開放感のあるキャビンと、収納装備を充実させ、使いやすさと快適性を大幅に向上。運転席最大540mm、助手席最大380mmのシートスライドが可能で、前席に座った状態での後席へのアクセスや、前後の席をウォークスルーで移動する際の利便性を高めている。

 また、助手席側のBピラーを助手席側ドアとスライドドアに内蔵することで、大開口を実現するセンターピラーレスドア「ミラクルオープンドア」を採用。スムーズな乗員の乗り降りや、荷物の積み下ろしが可能となった。

 安全性に加えて、利便性にもさらに磨きをかけた。新スマートアシストでは、自動でハイビームとロービームの切り替えを行い、対向車の有無によってハイビームの照射範囲を制御する「アダプティブドライビングビーム」を搭載。ほかにも、ステレオカメラで区画線を認知し、ステアリング制御ではみ出しを防止する車線逸脱抑制制御などの機能も新たに装備した。

 また「スマートアシストプラス」では、先行車を認識してアクセルとブレーキを制御し、追従走行を行う「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」、時速60km/h以上で車線の中央を維持して走行する「レーンキープコントロール」、駐車時のハンドル操作をアシストする「スマートパノラマパーキングアシスト」など軽自動車初となる機能を搭載している。

 ほかにも、ハンドルや方向指示器の操作に合わせて左右方向を照らす補助灯を追加点灯させることで、夜間における右左折時の視界確保をサポートする「サイドビューランプ」などを採用した。

 走行性能面では、プラットフォームを刷新したことで軽量化と剛性を向上。操縦安定性や乗り心地、衝突安全性能を大幅に高めた。またエンジンとCVTの改良によって、気持ちの良い加速と燃費性能を両立している。

 ボディカラーは単色が9種類と2トーン3種類の計12パターンを展開する。

 価格は130万6800円~190万6200円(税込)。店頭でのフェアは2019年8月3日(土)~4日(日)に行う。

WEB CARTOP

最終更新:7/17(水) 10:00
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事