ここから本文です

エンジンアップデートの詳細が判明! ヤマハ新型YZF-R1/R1M 日本仕様は1年遅れが決定的に

7/17(水) 17:30配信

WEBヤングマシン

新たな画像資料を入手

さらなる続報だ! ヤマハの新型YZF-R1/R1Mがモデルチェンジした内容については既報通りだが、新たに新作フィンガーロッカーアームと、新作シリンダーヘッド&インジェクターの図版を入手したのでお届けしたい。

【写真をまとめて見る】

高回転域の限界性能を向上するフィンガーロッカーアーム

2020年型YZF-R1/R1Mのエンジンは、ユーロ5排出ガス規制に適合させながら現行モデルと同等の出力を維持。かつクロスプレーン特有のリニアリティとトルク感の向上を目標に開発されている。

そのために手を入れたのが、シリンダーヘッドまわりだ。燃焼室とスロットルバルブの距離を短縮するためにシリンダーヘッド自体を新作とし、さらに新型インジェクターをバルブ傘裏狙いの斜流噴射にて採用。これらによって、低~中回転域の燃焼速度を最適化し、スロットルの開け始めからのリニアリティ感を向上、トルク感をいっそう感じやすい特性に仕上がっているという。なお、高回転域でセカンダリーインジェクターを追加するツインインジェクター方式は継続して採用している。

また、フィンガーロッカーアーム式(いわゆるフィンガーフォロワー式と同じ)バルブシステムの熟成と進化も図っている。アーム形状を見直すことで高回転域でのバルブ挙動特性を向上。レーシングユースでのさらなる高回転化を見据えた限界性能の底上げを果たした。

潤滑系の熟成で馬力ロスの低減も

高回転域での油圧低下を防ぎ、オイル撹拌(かくはん)によるロス馬力低減を図るため、各コンロッド大端へのオイル供給には現行同様に“センター給油方式”を採用。2020年モデルでは、コンロッド大端、クランクジャーナル、ピストンクーラーへのオイル供給量の最適化を図ることで、高回転域でのクランクケース内のオイル攪拌による馬力ロスを、さらに低減した。

また、新たな写真素材として前記事になかったアングルの全体像も配布されたので、こちらもあわせて御覧いただきたい。

[YAMAHA YZF-R1 2020]エンジン下でエキゾーストパイプをガードするチタン製プロテクターなどが確認しやすいアングルだ。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 17:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年09月号
7月24日発売

定価880円(税込)

大特集:カテゴリー別 新車走評200車
新製品テスト NinjaH2SXSE+他
好評ヤンマシ写真部 顔面博覧会
別冊付録:ツーリングバッグ大図鑑

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事