ここから本文です

期間限定でもOK!“物置部屋”がリビングを救う

7/17(水) 21:10配信

ESSE-online

片づいたキッチンやリビングにあこがれるものの、必要なものまで捨てない限りはすっきりできないというジレンマ。
「“物置部屋(納戸)”をつくるのも有効です」というのは、「ものが少ない暮らし」を提唱するミニマリストの本多めぐさん。物置部屋と頑張らない片づけについて教えていただきました。

頑張らない片づけ術。あえて物置部屋をつくるとものの管理が劇的にラクに!

インテリアや暮らしの雑誌やブログを見ると、家じゅうがすっきりと片づいていて、憧れますよね。それに比べて自分の家はごちゃごちゃと片づいていない…と、嘆いていませんか?
その悩みに有効なのが「物置部屋」。
Twitterで一般の方にアンケートを実施したところ、回答があった108人のなかで、物置部屋がある人が、なんと半分以上もいたのです。

お子さん関連のものや、季節用品、独身時代に持っていたものが保管してあるなど、普通の居住スペースに置ききれないものを、ひと部屋に集めているようでした。
お子さんが小さいうちは居住スペースに余計なものを置くと危ないので、ほかの部屋にものが集中すると言う意見も。

皆さん、ものが多くて困っているのです。でも、必要なものが捨てられないのは当たり前なので、あえて1つ物置部屋をつくってみませんか。

お子さんが小さくて部屋が余っている場合など、今は物置部屋に使い、大きくなったら子ども部屋にするなど、柔軟に活用していきましょう。期間限定でも部屋の役割をしっかり決めて活用しましょう。
では、具体的に物置部屋のつくり方を紹介します。

●置き場所は、使う頻度で決める

部屋じゅうでは、頻繁に使うものを取り出しやすい位置にしましょう。
手前の方に、トイレットペーパー、お掃除用品、ドリンク類などのよく使うもの。

重いものや大きなものは下に。たとえば扇風機やスーツケース、健康器具などです。
また、手の届きづらい上のほうには、めったに使わないものや、軽いものを入れます。予備の寝具や使っていない照明器具など。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 21:10
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年8月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(9月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事