ここから本文です

都市の水を静かに支えるインフラ、その知られざる「構造美」

7/17(水) 12:33配信

WIRED.jp

都市の水を処理する地下のトンネルや貯水槽といった施設は、わたしたちの目に触れない場所にある。ある写真家は、そこに構造美を見出した。彼が撮影した写真は見る人を引きつけるだけでなく、洪水や干ばつから人々を守ろうとするインフラ施設の姿を写し出していた。

探究心から米国の各都市へ

ほぼすべての都市で、ごみを“食べる”微生物が活用されている。フィラデルフィアでは砂ろ過システム、ロサンジェルスはディスク型の散気装置といった具合だ。

米国では1972年の水質浄化法改正を受け、すべての地方自治体は下水を川や湖、海に放出する前に浄化しなければならなくなった。米国では現時点で、公営の下水処理施設は約16,000カ所が稼働しており、トイレに流すものを有用なものに変えるか、少なくとも有害ではないものにする責務を負っている。

シカゴを拠点とする写真家のブラッド・テムキンは、屋上庭園に関するプロジェクトに取り組んだ際、水を処理するインフラに関心をもつようになった。屋上庭園は雨水を吸収する役割を担っている。つまり、浸水や都市における洪水を減らすのだ。

ここで吸収されなかった雨水はどうなるのだろう? そう考えた彼は、シカゴに張り巡らされた地下水路を撮影する許可を求めた。そして水について知識を得るほど、もっと知りたくなったという。

「水があることが当たり前だと思っているでしょう。空気と並んでいちばん大切にしなければならない資源であるはずなのに、当然なくならないものだと決め込んでいるのです」

探究心から米国の各都市へ

テムキンは探究心のあまり、アトランタやヒューストン、フェニックスやシアトルといった米国中の水処理システムを撮影した。取り組む課題は、都市によってさまざまだ。ヒューストンでは洪水発生の防止が最重要課題である一方で、19年連続で干ばつに苦しんでいるフェニックスでは、帯水層の水位を維持することが生命線になっている。

水に関するインフラはほとんどが地下に設けられているため、見たことがある人はとても少ないだろう。テムキンは撮影するに当たり、それぞれの地方自治体から特別な許可を得る必要があった。例えば下水溝での撮影では、緊急時に備えて酸素計とガスマスクといった特別な準備が必要だ。また、水が流れる場所や開いたマンホールに近づく際には、ハーネスを装着しなければならなかった。テムキンは、こうした地下のトンネルや貯水槽の見慣れない構造に引き込まれた。「どの写真においても大事にしているのは、まず興味深いイメージであることです。そのうえで、できれば何かを物語るものであってほしいと願っています」

下水処理に携わる労働者たちの多くは、自分たちの仕事に光を当てる人が現れたことをうれしく思っているようだ。「そこで働く人たちが日ごろ眺めている世界を紹介することに感謝されました。とても喜んでくれています」と、テムキンは語る。

テムキンの写真集は、Radius Booksから19年4月に出版された。彼によると、このシリーズは今後も続くという。彼はサンディエゴやイスラエル、そしてはるか遠方の水インフラもできれば撮影したいと考えている。

熱心な環境保護論者であるテムキンは、自然界にもたらされる悪影響よりも、解決策になるかもしれないものを取り上げることに関心をもつ。「悪いことが起きていたとしても、問題に直面したときこそ、わたしたちはベストを尽くせるのではないでしょうか。どのように環境を破壊しているかよりも、どのように回復させているのかが気になります」

最終更新:7/17(水) 12:33
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事