ここから本文です

アンバー・ハードの友人、ジョニー・デップ側の主張を裏付ける証言。

7/17(水) 21:31配信

VOGUE JAPAN

アンバー・ハードの友人が、元妻であるアンバーと係争中のジョニー・デップの主張を裏付ける証言をした。「ブラスト」が入手した書類によると、2人のために仕事をしたことがあるインテリアデザイナーのローラ・ディヴェネアは、アンバーがDVをでっち上げたとしてジョニーが起こした名誉棄損の裁判において、アンバーとはこれからも友人であるとしながらも、当時DVを示す顔の怪我などを見たことがないと証言したという。

2016年5月21日に事件が起きたとアンバーは主張していたが、同年以降ジョニーとは口を聞いていないというディヴェネアは「少なくとも5月23日、24日、25日を含む事件があったとされる日の直後、アンバーと一緒にいましたし、頻繁に会っていました」「当時、アンバーと一緒に仕事をしており、彼女の小包を取りに伺い、彼女と一緒にエレベーターに乗り、間近で彼女のことを見ました」「起きたとされる事件の直後であるはずのこの日程において、身体的虐待の兆しのほか、腫れや擦り傷、打撲などの怪我といったものは見られませんでした」「今では彼女がさまざまな暴力被害を訴えているのは知っていますが、アンバーがケガを負っているところを見たことはありません」としている。

またアンバーの友人たちの誰もが、ジョニーからDVを受けていると口にしたことはなかったとしており、「1年以上にわたり、アンバーと何度も交流を持っていましたが、暴力や虐待を受けていると相談されたことはありません。5月21日以降もそういった相談を受けた覚えはありません」「アンバーの親友であるラケル・ペニントンやアイオ・ティレット・ライト、妹のホイットニー・ハードとも面識があり、交流もありましたが、誰もデップがアンバーに暴力や虐待をしていると口にしていたことはありません」とディヴェネアは続けている。

さらにディヴェネアは、アンバーがスタッフの1人に暴言を吐いているところを目撃したことがあるという。「アンバーが元アシスタントのケイトに対して、電話越しに言葉の暴力を振るっているところを目にしたことがあります。当時アシスタントだったケイトがアンバーから受けた扱いについて、非常に動揺した状態で泣きながら、私に電話してきたことがあります」
一方で、アンバーの弁護士エリック・ジョージは、すでにアンバーの虐待被害を裏付ける複数の証拠を提出しており、ディヴェネアの証言は意味を持たないとしている。ジョニーは、アンバーが「ワシントン・ポスト」紙に寄稿した家庭内暴力の被害者であるという記事に関して、文中でジョニーの名前を出していないものの、ジョニーが加害者であるという印象を強くするとして名誉棄損の訴訟を起こし、5000万ドル(約55億円)の賠償金を求めている。これに対してアンバーは今年4月、主張している虐待被害について具体的に言及していた。

Bangshowbiz

最終更新:7/17(水) 21:31
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2019年9月号
2019年7月27日発売

800円(税込み)

水原希子、森星ほか注目のイットモデルが最旬カラフルファッションに挑戦!特別付録は恒例の「Bag & Shoes完全カラー図鑑」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事