ここから本文です

進化するUIのサウンドデザイン、その静かながらも際立つ存在感

7/17(水) 18:15配信

WIRED.jp

デジタルツールの通知音のようなユーザーインターフェース(UI)のサウンドデザインは、デヴァイスやソーシャルサーヴィスの多様化に伴い進化している。雑音にまぎれず、それでいて耳障りではない音でどこからの通知か明確に知らせるとともに、最近では音と触覚とを合わせた効果や、デジタルの世界ならではの感覚を反映させた音が開発されているのだ。

始まりはジョブズの戦略

ソーシャルメディアを利用する人は、おそらくウィル・リトルジョンの作品に遭遇したことがあるはずだ。だが、それを彼の作品だと認識しているわけではないだろう。フェイスブックのサウンドデザイン責任者であるリトルジョンは、自分に注目させることはない。彼のサウンドデザインのひとつは、Facebookのモバイルアプリでアップロードしたコンテンツが、公開されたことを知らせる小さな「シュッ」という音だ。

こうしたかすかな音による確認は満足感を得られるだけでなく、機能的でもある。ステータスの更新を音で確認できれば、作業の進捗を示すバーを見続ける必要はない。新しいセルフィーを撮影するなど、もっと有意義に時間を使うことができるだろう。

サウンドデザインはテクノロジーのいたるところに存在する。しかし、記憶に残るのは失敗作のほうだ。残りものが入ったキャセロールを電子レンジに放置したときのピーピー鳴りやまない音、食料品店の警報より耳障りなICカードリーダーの音。どちらもシグナルが不適切で、過剰反応に聞こえる。

雑音に負けず、耳障りではない

このような失敗作も確かに存在するが、デヴァイスの使い方が変化するにつれ、サウンドデザインの重要性は高まっている。手や指の動きを察知して反応するジェスチャーインターフェースや音声インターフェースの多くは、適切なフィードバックを欠いているのが現状だ。

例えば、アップルの音声アシスタント「Siri」が話を聞いていたかどうか確認する方法はあるだろうか? 人間同士のやりとりがそうであるように、よいコミュニケーションとは流れるような会話であり、途切れることのない情報交換を指す。

パソコンなどのデスクトップにあるソフトウェアのデザイナーは、ユーザーが「Google スプレッドシート」の入力といったひとつのタスクに集中していることを前提にしてきた。しかし、いまの時代はデスクトップ上でいくつものタスクを同時に進めることができる。ポケットに入れたり、手首に巻いたりしているモバイル端末も同じだ。

こうした状況で、アプリは必要なときにはいつでもユーザーの注意を引きつけなければならなくなった。さらに言えば、雑音だらけのなかきちんと意識され、それでいて耳障りではない音でなければならない。

皮肉なことに、テクノロジーが進化して動作音が静かになったため、サウンドデザインが必要になるケースも出てきた。内燃機関は電気モーターより騒がしい。その大きな音は、力や危険を連想させる。

このため、台湾のGogoro(ゴゴロ)やRumble Motorsといった電動スクーターメーカーは、歩行者のための安全対策として、エンジンをまねた効果音を付け加えた。このことは、どれほどたくさんの聴覚情報が生活に溢れているかをよく表している。そしてその多くが、何らかの出来事に関連づいたものだ。

最終更新:7/17(水) 18:15
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事