ここから本文です

ベイルの獲得に古巣トッテナムが75億円を用意か? 年俸ダウンを受け入れられない本人が画策するのは…

7/17(水) 5:55配信

SOCCER DIGEST Web

7月16日に30歳を迎えた

 エデン・アザールを筆頭に、新シーズンに向けた大型補強を進めてきた一方で、レアル・マドリーは複数選手を売却する必要性にも迫られている。もっとも注目されるのは、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となったガレス・ベイルだ。

【PHOTO】2019年夏の移籍市場で新天地を求めたビッグネームたち Part2

 当時の世界最高額でトッテナムからマドリーが獲得したベイルだけに、その売却も容易な取引とはならない。7月16日に30歳を迎えたベテランに、巨額の移籍金を払うクラブはそうそうないからだ。

 だが、スペイン紙『Marca』は15日、ベイルに関心を寄せるクラブが現われたと報じた。古巣のトッテナムだ。昨シーズンのチャンピオンズ・リーグのファイナリストが、マドリーに対し、ベイル獲得に5000万~6000万ユーロ(約62億5000万~75億円)の用意があると伝えたという。
 

 仮にマドリーが6000万ユーロのオファーに応じるとして、ベイルの価格として妥当なのだろうか。Marca紙のアンケートでは、13万人を上回るユーザーのうち、72パーセントが「良い取引」との見解を示している。

 ただ、ベイルのトッテナム復帰が実現するには、移籍金だけではなく、サラリーの問題もクリアする必要がある。Marca紙によれば、ベイルはボーナス込みで1700万ユーロ(約21億3000万円)の年俸を手にしているが、トッテナムは代理人に対し、用意できるのは半額ほどと伝えたそうだ。

 Marca紙は、ベイルがプレミアリーグやロンドンへの復帰を「悪く思っていない」としたうえで、マドリーとの契約残り3年で得られるサラリーを諦めるつもりもないと報じた。つまり、3年で約2500万ユーロ(約31億3000万円)にものぼる差額を、マドリーが補填できるかどうかが鍵を握ることになる。

 プレミアリーグの移籍市場が閉まるまで、すでに1か月を切っている。軍資金を必要としているマドリーは、トッテナムへの売却話をまとめられるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:7/17(水) 6:56
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事