ここから本文です

【岩本輝雄】あの絶妙ロングパスよりも、イニエスタの凄みが伝わってくるプレーとは?

7/17(水) 21:00配信

SOCCER DIGEST Web

マイボールにした瞬間、相手の動きが止まる

 分かってはいたことだけど、やっぱり上手いよね。
 
 古橋の先制弾も空しく、ベルマーレのホームに乗り込んだヴィッセルは1-3の手痛い逆転負けを食らった。ただ、古橋のゴールを演出したイニエスタの糸を引くようなロングパスは見事の一言で、お金を払ってでも見るべき価値のあるスーパープレーだったと思う。もっとも、僕としてはイニエスタのポジショニングの妙に改めて魅せられたよ。
 
 ベルマーレ戦でのイニエスタはダブルボランチの左でプレー。3-4-2-1の相手のシャドーもしくはボランチに狙われていたけど、簡単には捕まらないような位置を即座に見つけ出し、そこに入り込んで、パスを受けて展開する。それでいて、自分たちのCBにプレスをかけにくる相手の注意を引くような場所にいるから、湘南の選手たちの対応も多少、中途半端になっていたよね。
 
 ポジショニングに加えて、ボールをピタリと止めるトラップの技術も抜群だった。スピードのある少し強めのボールでも、ショートパスを受ける時と同じように、正確に収める。さらには、寄せてくる相手の動きをしっかりと把握していて、トラップと同時に逆をとって、かわしてみせたりもする。古橋へのアシストの直前のプレーがそれだった。
 

【ヴィッセル神戸PHOTO】サポーターと一丸となって戦う「ヴィッセルセレイア」の美女たち!

 視野をしっかりと確保できているからだろう。例えば、CBからの縦パスに対しては、正面では受けない。周りがよく見えるように、少し斜めにズレて受ける。その動きも実にスムーズで、左サイド寄りにいて、相手が内側から来れば、右足で受けてすかさずターン。背中や外から来ていれば、すっと中に進路を取る。
 
 その判断はボールを受けるギリギリまで待って、最善の選択をする。こうなってくると、相手も簡単には飛び込めない。イニエスタにパスが入った瞬間、あれだけ猛烈にかけられていたプレスも、一瞬止まる。相手の動きを止めることになるんだから、これは自分たちのチームにとっては大きなアドバンテージだよ。
 
 言葉だけで、そのすべてを伝えるのはなかなか難しい。派手なことはひとつもなく、非常に細かい部分なんだけど、イニエスタのそうした一つひとつのプレーは本当に効果的で、レベルの違いを感じずにはいられない。もはや、芸術と言ってもいいね。
 
 だから、Jリーグでイニエスタを見られるうちは、ぜひスタジアムに足を運んでほしいと思う。ライブで見れば、その凄みがきっと分かるはずだから。

最終更新:7/17(水) 21:00
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事