ここから本文です

「飲み会翌日」の体調を変える方法 ラーメンを我慢し“体に優しいシメ”は何か

7/17(水) 12:33配信

THE ANSWER

「〆は1軒目で済ませる」が吉、特におすすめの一品は「お茶漬け」

 お酒のお供に良いおつまみの筆頭は、タンパク質を多く含む食品。焼き鳥、刺身、冷ややっこはその代表です。そして、是非、一緒にオーダーしたいのがタンパク質、ビタミン、ミネラルと栄養が豊富な枝豆。これに海藻サラダを頼めば、食事としてのバランスも良くなります。

 そして飲んだ後の〆。ラーメンやアイスクリームなど、糖質をすごく欲しくなる方もいますが、これは血糖値降下によるトラップです。

 ここは、ラーメンを食べたい気持ちをグッとこらえ、そばやお茶漬けなど、脂質の少ない料理で〆ましょう。飲み会の後は、利尿作用による脱水を防ぐため、水分を意識して摂ることも大切。水分を一緒に取れるお茶漬けは、脱水症状を抑えつつ、アルコールの代謝を助けるので特におすすめです。

 そして、〆は1軒目のお店で済ませること。遅くなるほど脂肪として体に蓄えられるので「2軒目のラーメン」こそNG。結局はトータルで考えるので、「飲みながら何をいつ食べるか」が本当に重要。どんなにお酒を適量に抑えても、最後に「2軒目で〆のラーメン」では、努力も水の泡ですよ。

 さて、お酒の適量に戻りますが、純アルコール20gは、あくまで指針です。お酒の適量には個人差があるので「もっとたくさん飲んでも、翌日、引きずらないよ」という方もいれば「コップ1杯で限界!」という方もいます。大切なのは、自分の許容量を超える飲み方をしないことです。翌日もシャキッと目が覚めるか、元気に仕事ができるかなど、体調をみながら調整してください。

 ただ、疲れがたまっていたり、お昼を食べる時間がなく、すきっ腹でガブ飲みしたりすると、アルコールの吸収が早くなり、少量でも悪酔いをする可能性があります。本当は「飲む前の牛乳」が胃壁をガードできるので良いのですが、「最初の1杯」の幸福感がそがれてしまうのはつまらないですよね。せめてコンビニなどで購入できる、チーズやナッツ(無塩がベター)をつまみ、少量でも胃に何か入れてから向かってくださいね。

2/3ページ

最終更新:8/3(土) 1:51
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事