ここから本文です

錦織がおじいちゃんに!? ATPツアーの“老化画像”に海外注目「ニシコリが一番若い」

7/17(水) 16:33配信

THE ANSWER

アスリート、セレブの間で流行の画像加工、テニスプレーヤーたちの姿も話題に

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドンは世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)との死闘を制して2年連続5度目の頂点に立った。世界ランク7位・錦織圭(日清食品)も4大大会で5大会連続の8強入りを果たした。盛り上がりを見せるATPは、画像加工アプリを使用し“老化”させた顔写真を掲載。錦織や、ラファエル・ナダル(スペイン)がおじいちゃんになった姿が反響を呼んでいる。

【画像】「ニシコリが一番若く見える」と海外ファン注目、ATPツアーが投稿した錦織ら9選手の“老化画像”

 海外のアスリートやセレブ達の間で話題を呼んでいる画像加工。今、バズっているのは“老化”機能だ。流行りに乗ってATPも、トッププレーヤーたちを老けさせた画像を公開している。

 アンディ・マレー(英国)やナダル、フアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)らと並んで錦織も老化の対象に。現在の姿をきっちりと残しながら、確かに老けている。自然ではあるが、なんとも不思議な写真だ。

 9選手の画像を並べ、ATPは「オリジナル写真と同じくらい編集後がいい写真になると、誰が想像しただろうか」と茶目っ気たっぷりにつづり投稿。海外ファンからも反響のコメントが続々とつけられている。

「アンディが一番カッコイイ」

「ケイはこうなっても、ドロップショットを追いかけるに十分なほど身体が仕上がっているに見える」
「ニシコリはそれでも一番若く見える」

 などと錦織に言及したコメント以外にも、「デルポトロ最高」「可哀想なケビン・アンダーソン!」「ラオニッチはおばあちゃんみたい」「アンディが一番カッコよく年をとる」「ラファ25回目の全仏決勝」などと大いに盛り上がっていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:51
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事