ここから本文です

問題児ネリ、パヤノは「3、4回で倒すよ」 早期KOに自信満々「勝ちに行くさ」

7/17(水) 21:03配信

THE ANSWER

20日にゴングの注目の一戦、ネリはパヤノ撃破に自信

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位のルイス・ネリ(メキシコ)が20日に同4位のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)とラスベガスで対戦する。昨年3月の山中慎介とのタイトルマッチでバンタム級の規定体重を大幅超過し、タイトル剥奪の憂き目を見たネリ。難敵パヤノ戦で勝利すれば再び世界のベルトが見えてくるが、ネリは「3、4ラウンドで彼を倒すよ」と自信満々に早期KOを宣言している。

【動画】こんな強さでパヤノも圧倒して見せるのか!? 元世界王者から奪った“鮮烈ダウン4発”の一部始終

 井上尚弥(大橋)への挑戦状や、バンタム級4団体制覇をぶち上げるなど、息巻いている問題児。だが、すべてのプランはパヤノを倒してからだ。

 米ボクシングメディア「BoxeoMundial.com」の公式ツイッターではネリの記者会見の映像を公開しているが、ネリは自信満々にKOを誓っている。

 インタビュアーから「パヤノ相手にリングに上がる時、君は何を試合に持ち込む?彼らは何を警戒すべき?」と問われたネリは、通訳を通してこう答えている。

パヤノに対してはリスペクトを示しつつも「俺は自分の試合をするよ」

「彼はとても経験のあるボクサーだ。能力も高く、長いことボクシング界にいるベテランだ。俺は自分の試合をするよ。前に出てプレッシャーをかける。勝ちに行くさ」

 パヤノは昨年10月に井上の前には70秒で敗れたが、3月の再起戦では無敗のプロスペクト、ダミアン・バスケス(米国)に3-0の判定で完勝。こちらも元世界王者で、ネリ撃破で世界のトップ戦線返り咲きへ意気込んでいる。

 それでもネリは自信満々だ。「土曜日の予想は?」という問いかけには、「3ラウンド、4ラウンドで彼を倒すよ」ときっぱり。早期KOをイメージしているようだ。

 バンタム級戦線には注目のマッチアップ。ネリが宣言通りに倒すのか、パヤノが意地を見せるのか。日本のファンにも見逃せない一戦となる。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:51
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事