ここから本文です

元ヤン社長が、ディズニーランドで学んだ「5つの教え」

7/17(水) 8:47配信

bizSPA!フレッシュ

教え④「全力で楽しむって、自分で決めること」

――8年間ディズニーで働いて、お客様とのやり取りの中で学んだことは?

香取:それは、絶対に楽しむ!って自分で決めること。例えばディズニーランドのゲストって、雨の日は濡れながらアトラクションに並ばなければならないのに、「雨だから空いてて良かったね!」と喜んでくれるんです。これって他の場所ならありえないでしょ? ゲストはディズニーランドに行くって決めた瞬間から、その日は全力で楽しもうって決めているんです。

 これは、仕事も同じ。どんな仕事も創意工夫を凝らしたら、自分なりの楽しみ方がいくらでもあるはず。楽しみは自分で作り出せるんです。

教え⑤「お金で大事なのは、入り口じゃない」

香取:それから、お金に関しても若い頃は“入り口=いくらもらえるか”しか見ず、“出口=使い道”なんて考えたことはありませんでした。でも、「稼いだお金の使い道がお前の器を決めるんだ」と、他人のためにお金を使う意義を教えてもらったんです。

 そのおかげで、『ディズニーランドであった心温まる物語』というチャリティー本も出版することができました。印税はすべて、東日本大震災で家族を亡くした子どもたちをディズニーランドに招待する費用に充てています。ディズニーランドにいる一瞬だけでも、楽しいと思える瞬間、幸せと味わえる瞬間、前を向くきかっけになってもらったらいいと思います。

 これまでイベントとして2回、総勢100人超の岩手・福島の子どもたちを招待できました。また岩手県の大迫町の全中学校の修学旅行で、もう4年ほど使ってもらっています。こんなふうに思えるのも、ディズニーがお金の使い方を教えてくれたからです。

<取材・文/阿形美子>

bizSPA!フレッシュ 編集部

3/3ページ

最終更新:7/17(水) 8:47
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事