ここから本文です

海外旅行での「LINE」の意外な活用術。通話料金を大幅に節約できる

7/17(水) 15:45配信

bizSPA!フレッシュ

 こんにちは、旅ブロガーのまりです。海外旅行をしていると、急遽日本へ電話をしなければいけない事態が発生することがあります。

 例えば、会社から急に仕事の問い合わせがきたり、海外で何かトラブルがあって保険会社へ連絡を入れたりすると、5~10分通話することもありえるでしょう。

 しかし日本にいるときのようにスマホを使って電話をすると大変なことになってしまうかも。なぜなら海外から日本へ電話すると1分につき80円以上かかってしまうのです。

大手キャリア3社の通話料金を比較

 海外から日本へ電話すると具体的にいくらかかるのか、大手キャリア3社で調べてみました。

 例えばNTTドコモの場合、フランスから携帯を使って電話をかけると1分あたり下記の料金が発生します。

【フランス】
滞在国内:80円
日本向け:180円
その他の国向け:280円

 さらに着信ですら、1分110円かかるので、気軽に電話にでることもできません。日本の大手キャリアの場合、国によって金額が異なり、韓国で調べた場合は下記の料金でした。

【韓国】
滞在国内:50円
日本向け:125円
その他の国向け:265円
着信:70円

 同じくフランスで、auとSoftbankの料金も比較してみたところ、auは1分あたり、発信が180円で、着信は110円。Softbankは発信が30秒119円、着信は1分110~155円とこちらも超高額となりました(※通話料金は各社公式サイトより)。

LINEOutを使って通話料金を節約しよう

 たいていの人はLINEアプリを使っていると思います。海外にいても一部の国(使用が規制されているロシアや中国など)を除けば、もちろんLINEでの無料通話は可能。

 そして、LINEには「LINEOut」という機能があり、この機能を使うとLINEを持っていない人への通話も劇的に安くすることができます。どの国にいても料金は一律なので、日本から日本へかけても、フランスから日本へかけても同料金なのがポイント。

 勤務先や保険会社、クレジットカード会社へは固定電話を使用するのでなんと1分3円という素晴らしい金額で通話ができます。携帯電話にかける場合は1分14円ですが、いずれにしても大手キャリアの通話プランと比べると信じられないくらい安いと思います。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 15:45
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事