ここから本文です

“奇跡の7人”TFGがメジャーデビュー! メンバー全員集合でぶっちゃけトーク<前編>

7/17(水) 6:00配信

ザテレビジョン

2.5次元舞台などを中心に活躍する俳優の赤澤遼太郎、前川優希、佐藤信長、坂垣怜次、堀田怜央、桜庭大翔、健人の“奇跡の7名”で結成されたアーティストグループ・TFG。彼らのメジャーデビューシングル「My dear Summer」が本日発売!

【写真を見る】運命の赤い糸?で結ばれた7人。これからTFGとして“一心同体”を誓う

そんなフレッシュなTFGにインタビューを敢行。前編では結成時の第一印象をそれぞれが語ります。最後はなぜかあるメンバーのおへその話に…。

――CDリリースおめでとうございます。まずはTFG結成時の印象や、メンバー編成について教えてください。

赤澤:結成までは、舞台で一緒だったり共演したりは個々でありましたが、ガッツリ仲がいいという相手はいなかったんです。なので初めは「この7人はどんなグループになるんだろう?」と思っていましたね。けれど一緒にいるにつれて、高校の友達のような、楽でいられる関係になりました。むしろこんなに仲良くなれるんだって驚きましたね。

堀田:共演したことある人もそうじゃない人もいて、話を聞いた時は僕も「今後どうなるんだろう?」というのが第一印象でした。でも実際に結成された時は楽しみでしたね。メンバー同士で協力し合って高みを目指すって、すごくアツいじゃないですか。活動しながら一人ひとりと話をすると、意外な一面が見られたりもして、すごくいいなって。友情といいますか、すてきなメンバーだなって思ってます。

前川:僕はメンバーを聞いた時は、全員パフォーマンス力が高い人ばかりだったので、このグループなら互いに高め合えるなと思いましたね。活動をするにつれて、こういう所かっこいいなとか、これまでの歩みとか、こういう考えってここから生まれてて、だからこういう人なんだ! ってみんなを知れる機会が多くて楽しいんです。なのでこの7人ならやっていけるなって…なんで君はそんなににやにやしてるの?

佐藤:(にやにや)

前川:ずっと見えないようにもぐもぐしてるんですよ!

赤澤:しかもね、さっきにんじんこぼして健人くんに拾ってもらってるの。

佐藤:(もぐもぐ)(にやにや)

前川:いつもこんな感じでふざけてます。もぐもぐしてるのは佐藤信長という名前なので覚えてあげて下さい(笑)。

――仲良しなんですね(笑)。では次は桜庭さんお願いします!

桜庭:なにこの流れ(笑)。僕、実はこの中では一番後輩で、事務所に入ったのが最近なんですよ。なので面識のない状態で、これから仲良くできたらいいなというのが第一印象でしたね。一緒に活動すると、アツくて前向きな姿勢や、冷静な意見をくれる個性豊かなメンバーたちに囲まれて、自分にはない考え方に触発されます。みんないいものを持っていて、楽しいメンバーですね。落ち着くというか、帰る場所だと思っています。

坂垣:僕は健人くんと3作品で共演したことがあったので、健人くんがいるんだって安心感とともに、ほかの5人はどんな人なんだろう? って楽しみでしたね。結成当初はどんなふうに距離を縮めようかなって考えたりもしてたんですけど、今ではもう居心地が良すぎますね。他の作品の現場も楽しいけど、らばくん(桜庭)が言う通り、ここに帰ってきた時の安心感があります。

桜庭:う~ん。(安心感が)違うよね。

坂垣:ね。居心地がめっちゃいいんですよ。毎日過ごしていて楽しいし、メンバーそれぞれ個性が違ってバランスがいいんです。本当にみんな面白いし楽しいし、一緒にいて安心します。

――すてきですね~。もぐもぐ疑惑の佐藤さんにもお聞きしたいです。

佐藤:もぐもぐしている佐藤信長です。僕は結成当初は、ダンスが一番できなくてやべーなってなりましたね。

桜庭:そこかよ(笑)。

佐藤:ほんとそこなんですよ。以前舞台のときもめっちゃ練習したけどできなくて、それなのにアーティストになってさらに妥協が許されなくなるって大丈夫かなって。舞台だとちょっとできなくても、役柄でかわいがられるというか…。そこに甘えたくはないんですけど、僕は許されてしまうキャラみたいなところがあるんですよね。なのでお披露目イベントのときもたくさん練習したし、みんなが協力してくれて、練習に付き合ってくれました。それなのにお披露目ライブで立ち位置が迷子になるっていうハプニングもあったんですけど…(苦笑)。

赤澤:ちゃんと間違えてたよね(笑)。

佐藤:うん(苦笑)。けれど今までの僕だったら、一つ忘れたらそこで立ち尽くしてしまうというか…。その時は積み重ねたものがあったから冷静になれて「あ、いま立ち位置ミスってるけどかっこつけておけばバレないな」っていい意味で余裕があったというか、対応できたというか。

堀田:練習してたもんね。

佐藤:みんなに協力してもらってたから、体に染み込んでいて。あとはTFGはふざけてばっかりですけど、真面目な時はぴしっとやって、グループのチャットでもよく話し合ってます。真面目モードの時はみんな長文でぶわーっと言い合うときもあったりして。でもふざける時は僕の恥ずかしい画像を晒されたりとか(笑)。そういうグループなんで。

桜庭:へそですけどね。

前川:へそだよね。

佐藤:でもね、こんなに仲良いのって僕も本当にびっくりなんですよ。嫌いになるような人が1人もいないの。まぁこんな感じですね。とにかく楽しいです!

――楽しそうな様子が伝わります(笑)。では最後に健人さんお願いします!

健人:この2人(赤澤と坂垣)はよく共演してたんですけど、あまり深くまで話したことはなくて。なので他のメンバーも含めて、性格とかよく知らなかったので、それぞれがどんな人なのか楽しみでした。

赤澤:ずっと信長くんのこと「どんな人なんだろう」って言ってたよね。

坂垣:たしかに健人くん、「わかんない」ってよく言ってた。

佐藤:こわ。

――こわ(笑)。

健人:もう分かったけどね。

赤澤:へその人?

佐藤:へそって言うな。

※インタビュー後編は7/20配信予定(ザテレビジョン)

最終更新:7/24(水) 12:48
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事