ここから本文です

<ルパンの娘>深田恭子“華”「さよなら、かずくん…」瀬戸康史“和馬”との禁断の恋は…

7/17(水) 5:30配信

ザテレビジョン

深田恭子が主演を務めるドラマ「ルパンの娘」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)。第2話が7月18日(木)に放送となる。

【写真を見る】視聴者を魅了した、華(深田恭子)のセクシーな“泥棒スーツ”は第2話でも登場!

同ドラマは横関大の同名小説を原作に、代々泥棒一家の娘・三雲華(深田)と代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の決して許されない恋愛を描くラブコメディー。

7月11日に放送された第1話では、深田の泥棒姿や、深田と瀬戸康史のキスシーンなどが話題を呼び、Twitterで「#ルパンの娘」が世界トレンドトップ3に入る盛り上がりを見せた。

注目の第2話では――

三雲華(深田恭子)は泥棒一家“Lの一族”の娘であることに思い悩んでいる。なぜなら、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)は警察一家の息子だからだ。和馬の家族と自分の家族を会わせるなど、華にとってはもってのほか。

そんな華の願いもむなしく、和馬が母の美佐子(マルシア)、父の典和(信太昌之)、元警察犬のドンまで連れて三雲家にあいさつに来てしまう。玄関に入った美佐子と典和は、警察官の嗅覚でいろいろと探り始め、華は気が気でない。幸い、ダミーの家に尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)たちの姿がなく華は胸を撫で下ろす。ところが、尊たちが秘密の通路からやって来てしまった。

図らずも両家の親たちの顔合わせになってしまい、華は和馬たちの職業を尊たちにバレないようにしようと必死。尊たちは泥棒とは言わないが、おかしな職業を作り上げているので、やはりハラハラしっぱなしの華。

後から現れたマツ(どんぐり)は、尊と一緒に公務員批判を繰り広げ始める。両家は睨み合いになってしまうが、意外なことで尊と典和が意気投合。別々の高校に在学していた時に、野球部で試合をしていたのだ。

とりあえずホッとする華だが、美佐子は典和とは違っていた。後日、華は美佐子から和馬と別れて欲しいと言われてしまう。やはり和馬と別れた方が良いのかと華は悩む。そのころ、和馬はアポ電強盗事件を担当。一方、三雲家は、ある会社社長が所有する“秀吉の茶釜”を盗む計画をしていた。

――という物語が描かれる。

公式HPなどで見ることができる予告動画では、華の「和馬さんとは別れます…」「さよなら、かずくん…」というセリフや、和馬に「どうしても今すぐ会いたいの…」と電話するシーンが。

SNSでは「恋の行方が待ち遠しい!」「気になって仕方がない」と反響を呼び、第2話へ期待が高まっている。

「ルパンの娘」第2話は、7月18日(木)夜10:00より放送。

(ザテレビジョン)

最終更新:7/18(木) 16:10
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン38号
9月11日

特別定価:400円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事