ここから本文です

「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」でSUMIREが連ドラ初出演 「新しいSUMIREを見せられると思います」

7/17(水) 5:00配信

ザテレビジョン

10月よりWOWOWにてスタートするドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」。このほど同ドラマの追加キャストが発表され、古川雄輝演じる野木直哉の隣人役としてSUMIREが出演することが明らかになった。

【写真を見る】「野木直哉」と名前を偽り暮らす八木沼雅人(古川雄輝)に、吉佳(SUMIRE)がどのように関わっていくのか注目!

同ドラマは、「石の繭」(2015年)、「水晶の鼓動 殺人分析班」(2016年)とWOWOWにて2度にわたり映像化された、麻見和史原作の「殺人分析班」シリーズのスピンオフ作品。

過去2作で鮮烈な印象を残した猟奇的殺人犯“トレミー”こと八木沼雅人(古川雄輝)を主人公に、彼が殺人鬼へと変貌を遂げるまでをドラマオリジナルのストーリーで描いていく。

■ トレミーの隣人は、まさかの「過去を知る女性」!?

今回SUMIREが演じる浅田吉佳は、「野木直哉」と名前を改めた八木沼が住む部屋の隣人。吉佳は野木の中学時代の同級生で、成年となった2人は偶然にも川崎の同じアパートに住んでいることが発覚する。

周囲の人とあまり関わろうとしない野木に、密かな想いを寄せる吉佳。互いに人と付き合うのが苦手だったからこそ、2人の間には通じ合う「何か」が生まれていく。

過去2作において、木村文乃演じる如月塔子に心の底で救いを求めていた野木。本作では、吉佳が野木のいる暗い闇に差す一縷の光となっていく。2人の気持ちが危ういバランスで揺れ動く様子も見どころだ。

■ 初の連ドラ出演作は「見どころがたくさんあると思います!」(SUMIRE)

今作が連続ドラマ初出演となるSUMIREは、「『殺人分析班』シリーズのスピンオフにまさか自分が出演できるとは思っていなくて、初めは驚きもありつつうれしかったです。連ドラ初出演ということもあり、新しいSUMIREを見せられると思い、とても意気込みを感じました」と、出演が決まった際の心境を告白。

実際に台本を読んでの印象については、「事件の展開が早いだけでなく、人間それぞれの奥底にある感情が繊細に描かれているなと思いました。また、吉佳と野木の寄り添いあっていく人間味のあるシーンもあって、見どころがたくさんあると思いました」と、サスペンスに収まらない本作の魅力にも言及。

最後に、「今回のスピンオフで、吉佳という役を演じて、今までの役とはまた違った印象を与えられればうれしいと思います。また、新たにちょっとしたアクションにも挑戦していますので、皆様に楽しんでいただければと思います!」と、視聴者へのメッセージを語った。

■ 「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」ストーリー

2014年、神奈川・川崎市内で女性ばかりを狙った連続殺人事件が発生。被害者は皆、首を吊られた状態でいたぶり殺されており、世間では“首くくり殺人”などと呼ばれていた。

犯人の手掛かりが掴めず、警察の捜査は難航していたが、捜査一課の刑事・井口は、この快楽殺人犯の容疑者としてある男をマークしていた。

その男の名前は野木直哉(古川雄輝)。身元を詐称し、人前から気配を消し、息を潜めるように暮らしていた彼こそ、世間を騒がせた“昭島母子誘拐事件”の被害者・八木沼雅人だった。

野木は隣人・吉佳(SUMIRE)を巻き込みながら警察の捜査網から逃れようとするが、その中である事実に気付いてしまう…。果たして野木は、どんな事実にたどり着いたのか? そして、野木の真の目的とは?(ザテレビジョン)

最終更新:7/17(水) 5:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン38号
9月11日

特別定価:400円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事