ここから本文です

三宅健&山田涼介が相葉雅紀と料理作り!三宅「相葉くんの番組に出られてうれしかった」

7/17(水) 6:00配信

ザテレビジョン

三宅健と山田涼介が、7月21日(日)放送の「相葉マナブ」(毎週日曜夜6:00-6:30、テレビ朝日系)にゲスト出演。がっつりと組むのは初めてという3人が、ジャガイモ掘り&料理で絆を深める。

【写真を見る】「相葉マナブ」放送300回で思い出を語る相葉雅紀

今回は、4カ月前に植えたジャガイモの収穫を行う相葉雅紀ら。男爵、きたあかり、メークインなど3種類を収穫しなければならないということで、助っ人として7月26日(金)スタートの新ドラマ「セミオトコ」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか)に出演する三宅と山田を招集した。

ジャガイモ掘りではブーブーと文句を言っていた三宅だったが、いざ調理をする段階、「じゃがバター」で3種のジャガイモを食べ比べることなった途端ハイテンションに。おいしい料理に期待が高まる。

それぞれの品種に合うメニュー4品を調理する工程では、相葉も三宅も、山田のこなれた包丁さばきに仰天。三宅は「こんな子が料理作ってくれたらいいよね」と、スタッフからカメラを借り、山田の後ろ姿を撮影し始める。

さらに「涼介!」と呼び掛け、振り向かせるという“彼女目線カメラ”を作動し、「ファンの皆さんのために撮ってるんだよ」と山田の調理姿を激撮する場面も。

その一方、「相葉さんの“彼女目線カメラ”は撮らなくていいんですか?」と尋ねる山田に、「相葉のはいらない(笑)」とバッサリ。

収穫した新ジャガイモで作るのは、冷製スープ、コロッケ、釜めし、ガレットの4品。ガレット作りでは、ジャガイモを細切りにして炒めるのを山田が、それにチーズを掛けた後のフライ返しを料理に不慣れな三宅と、それぞれ役割を分担させて行うことに。

しかし、いざひっくり返す段階になると「もういける!? 固まってないよ?」とパニック状態に。果たして、フライ返しは成功するのか。

■ 相葉雅紀コメント

山ちゃん(山田涼介)と健くん(三宅健)とは、普段ご飯に行ったりという交流があまりないんですよ。健くんは一匹おおかみだし(笑)。しかも僕が事務所に入った時には、V6さんはすでにデビューされていたので、大先輩過ぎて、恐れ多くて近寄っていけないくらいの存在でした。

V6の20周年の時にバックにつかせてもらって、久々に先輩の後ろで踊ったんですよ。あの時も緊張しました。

山ちゃんも健くんも、スタジオや楽屋で会った時にお話しするくらいだったので、今回ガッツリご一緒できて新鮮でした。最高に楽しかったです。

あと、ジャガイモを切ってチーズで焼くだけのガレットは、簡単で家でも作れそうだなって思いました。おいしかったですよ。

料理に関しては、山ちゃんがうまかった。やっぱり普段からやってる感がありましたね。三宅先輩は…ダジャレが好きなんだなって思いました。今日は終始ダジャレが止まらない、ダジャレクッキングでした(笑)。

■ 三宅健コメント

今回はこんなにすてきな場所で撮影できてよかったです。まるでキャンプしているみたいですし、夏休みのひとコマみたいな感じで楽しかったです。

相葉くんは、いつもV6の曲を青春の曲だって言ってくれるんですよ。20周年の時もバックで踊ってくれて楽しかったのを思い出します。そんな彼の番組に出られてうれしかったですね。

僕は特にガレットがおいしくて、普通に止まらなくなってしまいました。お酒を飲む人は、おつまみにいいと思いますよ。

ちなみに、僕はお酒を飲まないんですけど、天然のテンションで、お酒を飲む人にずっと付き合えるんです(笑)。本当においしいものばかり出てきて、この上ない幸せでした。相葉くんが料理する姿を見て…やっぱり上手ですね。

■ 山田涼介コメント

「相葉マナブ」は結構見ているんです。相葉くんがいろんなことにチャレンジしている姿を見ていて、「いつか出てみたいな」と思っていたので、今回来られてホントにうれしかったです。

マジメなのかふざけているのか分からなくなるような現場の空気感がよかったです(笑)。その空気感の中で、先輩お二人と一緒に出演できたのがホントに楽しかったですね。(ザテレビジョン)

最終更新:7/17(水) 6:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事