ここから本文です

レアル久保建英、スター軍団の中で“圧巻スキル”に海外衝撃 「まるで同僚がアマチュア」

7/17(水) 18:01配信

Football ZONE web

ベンゼマのゴールをアシスト、GKナバスを翻弄する2ゴールなどで存在感

 今夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードへ移籍した日本代表MF久保建英はトップチームの北米ツアーに帯同しているなか、クラブ公式が連日のように日本人アタッカーの映像を公開している。スター選手たちが揃うチームのなかで久保が圧巻のスキルを見せつけており、海外メディアは「まるで同僚がアマチュアのように見せている」と驚きをもって伝えた。

【動画】「まるで同僚がアマチュア」と海外衝撃! レアル久保建英、足裏フェイント弾&華麗なまたぎフェイント弾…華麗なバックヒールも披露

 久保はレアルB(カスティージャ)所属ながら、トップチームの北米遠征に帯同。現在カナダのモントリオールで合宿を敢行中で、バイエルン・ミュンヘン(現地時間20日/ヒューストン)、アーセナル(23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)とのプレシーズンマッチに向けて調整を進めている。

 10日の合宿初日から久保は存在感を示した。ミニゲームのなかで、ドイツ代表MFトニ・クロースに縦パスを受けた久保が鋭いターンを繰り出すと、ゴール中央へ走り込んできたベンゼマに横パスを供給してゴールを演出。ネットが揺れた瞬間に拍手が起こっている。

 また14日のトレーニングでは、華麗な足裏フェイントでコスタリカ代表GKケイラー・ナバスを翻弄してゴール。さらに、またぎフェイントで相手1人を抜き去ると、再び対峙したナバスを嘲笑うかのように、左足アウトサイドのシュートでネットを揺らした。

「レアルのワンダーキッド」「トップチームでも場違いに見えない」と海外称賛

 ブラジル代表DFマルセロを軽やかなステップでかわす場面もあり、久保は随所でテクニックを発揮しているなか、「レアルのワンダーキッド・久保建英は、トレーニング中の素晴らしいハイライト映像で、まるで同僚がアマチュアのように見せている」と伝えたのは英メディア「スポーツ・バイブル」だ。

「“日本のメッシ”と称される選手は、クラブのコーチ陣に好印象を与えており、ジネディーヌ・ジダン監督が率いるトップチームで予想より早く主役となっている」と記している一方、レアルBの選手がトップチームに交じっていても遜色がないと続けた。

「トレーニング中のそれぞれの映像から判断すると、この日本代表選手はトップチームでも場違いには見えない」

 久保は自らのプレーで日に日に評価を高めており、海外メディアの関心も強まる一方のようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/17(水) 18:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事