ここから本文です

LCCピーチが「会社のために働くな」と言う理由

7/17(水) 5:20配信

東洋経済オンライン

LCC(ローコストキャリア)のPeachは、ほかの航空会社にないような独自性の高いサービスに人びとの注目が向けられがち。でもその裏側には、揺るぎない意思決定をするリーダーと、その意思決定の揺るぎなさを共有する社員たちの存在があります。
このたび『「おもろい」働き方で社員も会社も急上昇する Peachのやりくり』 を上梓したPeachの井上慎一CEOや同社社員を約2年間にわたり密に取材してきた記者が、Peachの独創的な考え方や働き方のベースになっていることを伝えます。

この記事の写真を見る

■リーダーと社員が同じ方向を向いているか? 

Peachという航空企業の社員たちの働き方について、これまで「機内挨拶を大阪弁にしたら『おもろいんちゃう』」と「LCCピーチ『他業界出身のCA』を生かす3ステップ」という記事で、取材した実感などを伝えてきました。

 Peachは、社員が「おもろい」と思ったことをアイデア出しのベースにしたり、異業種で仕事をしていた人を積極的に活用したりする会社であるのは、お伝えしてきたとおりです。

 こうしたPeachの姿から、あなたは「この会社は、風変わりなことをして目立つことに躍起なのでは」と考えるかもしれません。そうした考えが、Peach社員にまったくないわけではないでしょう。

 でも、それだけでは、Peachの就航当初、日本のLCCは失敗するという声が多かったなかで、就航3年で単年度黒字化を達成、5年で累積損失を一掃するなど、「日本のLCCの優等生」という現在の評判を得ることにならなかったはずです。

 筆者が取材した実感からいうと、Peachは奇をてらう会社ではなく、リーダーも社員も同じ方向を向いて堅実に進んでいる会社です。

 井上慎一CEOは「なにを優先させるべきか」「社員はどういう存在か」「会社としてなにを目指すか」を明確にもっていて、それに従って意思決定をしています。そして、井上CEOの考えが社員に伝わっているからこそ、社員も「どうすべきか」と迷うことなく自分の仕事に集中でき、結果としてLCC(低コスト航空会社)としての成長を果たせているのです。

1/4ページ

最終更新:7/17(水) 5:20
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事