ここから本文です

セードルフ監督がカメルーン代表指揮官を退任。アフリカ大会でベスト16敗退

7/17(水) 9:20配信

フットボールチャンネル

 カメルーン代表を率いる43歳のクラレンス・セードルフ監督が退任した。また、アシスタントコーチを務めるパトリック・クライファート氏も退くと、16日に英メディア『BBC』が報じている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 セードルフ監督は現役時代、レアル・マドリーに1996年から2000年まで在籍。1997/98シーズンは自身2度目となるチャンピオンズリーグ制覇に貢献している。そして、2002年にはインテルからライバルチームのミランに移籍し約10年間在籍した。

 引退後、セードルフ監督は2014年にミラン、2016年に中国の深セン市足球倶楽部、2018年にデポルティボの監督を歴任。現在までカメルーン代表監督を務めていた。しかし、アフリカネイションズカップ2019のラウンド16で敗退し、大会2連覇を果たせなかったことで退任することになった。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/17(水) 9:20
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事