ここから本文です

久保建英が宿敵レアルに移籍。英紙「バルサは過去最大の過ちを犯した」

7/17(水) 9:40配信

フットボールチャンネル

 FC東京からレアル・マドリーのBチーム(レアル・マドリード・カスティージャ)に移籍した18歳の日本代表MF久保建英。現在はレアル・マドリーの北米ツアーに参加している。16日に英紙『デイリー・メール』は「バルセロナは過去最大の過ちを犯した」と伝えた。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 久保は2011年にバルセロナの下部組織に入団したが、18歳未満の外国人選手の獲得・登録に関する違反があったとしてスペインでのプレーが不可能に。2015年に退団した後、帰国してFC東京の下部組織に入団した。

 その後、改めて移籍が可能となる18歳を迎えたため、、バルセロナへの復帰が既定路線と見られていた。しかし、結果的には宿敵のマドリーが同選手を獲得することに。北米ツアーでは実力の高さを証明しており、他のチームメイトよりも一際目立つ存在となっている。同紙は「現在バルセロナではなくレアル・マドリーでプレーしているという事実は、バルセロナにとって過去最大の過ちだ」と伝え、再獲得を逃したのは間違いであったと指摘した。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/17(水) 9:40
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事