ここから本文です

武藤嘉紀所属のニューカッスル、新指揮官がついに決定。スティーブ・ブルースと3年契約

7/17(水) 17:52配信

フットボールチャンネル

 イングランド・プレミアリーグのニューカッスルは現地時間の17日、スティーブ・ブルースが新指揮官に就任することをクラブ公式サイトで発表した。

 ニューカッスルは2016年から2019年までクラブを率いていた指揮官ラファエル・ベニテスと契約を更新することができなかった。そして、同指揮官は中国スーパーリーグの大連一方指揮官に就任した。

 後任候補にはレンジャーズ指揮官スティーブン・ジェラード、ニース指揮官パトリック・ヴィエラ、マンチェスター・シティでコーチを務めるミケル・アルテタ氏、ベルギー代表指揮官ロベルト・マルティネスの名前が挙がっていた。

 そんな中、ニューカッスルはイングランド・チャンピオンシップ(2部相当)のシェフィールド・ウェンズデイを率いていた指揮官スティーブ・ブルースとの交渉がまとまった。クラブは3年契約を締結すると発表している。

 ニューカッスルにはFW武藤嘉紀が所属しているが、武藤の来季の出場機会にどう影響するのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/17(水) 17:52
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事