ここから本文です

本田圭佑率いるカンボジア代表はFIFAランク20位のイランと同組に!W杯2次予選で日本人指揮官対決ならず

7/17(水) 19:45配信

フットボールチャンネル

 アジアサッカー連盟は17日、2022年に開催されるカタールワールドカップアジア2次予選の組み合わせ抽選会を行った。MF本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジア代表はグループCに入り、FIFAランク20位のイラン、同77位のイラク、同114位のバーレーン、同141位の香港と同組に入った。

【動画】本田圭佑、実は試合に出ていた?仰天の真実が明かされる

 ポット5から順に抽選が行われ、ポット5に入っていたカンボジアがグループCに入った。その後、ポット3に入っていた西野朗監督の就任が決まったタイ代表がグループG入り。最後に抽選が行われたポット1の日本代表は、グループFに入り、日本人指揮官対決は実現しなかった。

 カンボジアは、FIFAランクでアジア勢トップのイラン、さらにポット2でFIFAランク最上位だったイラクと同組に入り、最悪の組み合わせと言えるだろう。ポット3だったバーレーンとは日本代表としてワールドカップ予選やアジアカップ予選などで対戦している。本田が出場した2009年1月28日に行われたアジアカップ予選でバーレーンに負けているため、怖さも良く知っているだろう。

 FIFAランク169位のカンボジア代表にとってはどのチームも格上。本田圭佑の率いる同代表は、2次予選を突破し、最終予選に進出することができるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/18(木) 12:15
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事