ここから本文です

巨人「宇佐見」「和田」を放出 2軍にまだいる“他球団ならとっくに1軍”の選手は?

7/17(水) 6:00配信

デイリー新潮

宇佐見は日ハムで猛打賞

 日本のプロ野球はレギュラーシーズンが終了してから、翌年の7月31日までトレードが可能だ。そして今年の巨人は6月下旬から7月にかけて2回もトレードを発表。大きな反響を呼んでいる。

 ***

 1回目は6月26日、巨人の吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)と、日本ハム・藤岡貴裕投手(29)、鍵谷陽平投手(28)の2対2の交換トレードが発表された。

 サンケイスポーツは28日、連載「【矢野監督 必死のパッチトーク】」を掲載。記者に巨人のトレードについて問われた阪神の矢野燿大監督(50)は、「またまた戦力すごいよなとは思う」と率直に語った。

 だが、これで話が終わらない。7月7日には、巨人・和田恋外野手(23)と楽天・古川侑利投手(23)のトレードも発表された。

 徹底して投手を獲得する姿勢に、まず驚かされる。そして、これほど貪欲にトレードを行うためには、他球団が欲しがる評価の高い選手を“確保”しておく必要があることは言うまでもない。それもこれも、選手層が極めて厚い巨人のなせる技だ。

 巨人の吉川は今シーズン、開幕から8試合にリリーフ登板。だが、防御率が9・95と不調で、2軍に降格されていた。

 プロ入りから16年シーズンまで所属していた古巣の日本ハムに移籍すると、さっそく7月4日の西武戦に先発登板。3回3失点で降板となったが、栗山英樹監督(58)は「ボールは本当に悪くなかった。球速以上に強さがある」と評価。更に「リリーフで1イニングを投げるタイプではない」と巨人の起用法を否定するかのような発言もあった。

 一方、活躍したのは宇佐見。こちらは7月2日の西武戦に出場すると3打席連続安打。プロ入り初の猛打賞を決めた。日ハムファンに最高の“顔見せ”を行ったわけだ。

 和田の場合は、日刊ゲンダイDIGITALが7月8日、「巨人“二軍の2冠王”和田恋の放出で…くすぶる選手たちの複雑胸中」を掲載した。《昨季は二軍で打率.296、18本塁打、87打点で本塁打と打点の2冠》であっても、1軍に昇格できない状況を伝えた記事だった。

 どうやら、「巨人の2軍選手は他球団なら1軍でも充分に通用する」と言えるようだ。野球解説者の小田幸平氏も、自身が巨人の2軍でプレーした時期を振り返り、「巨人の2軍は昔も今もスケールが違います」と指摘する。

「『選手層が厚い』どころではありません。例えば私が2軍にいた時、1998年の前半戦で6完投、3完封で7勝をあげ、オールスターにも出場した趙成ミンさん(1973~2013)が、2軍の“先発ローテーション”の柱でした。ファンも1軍レベルの試合が戦われることは知っていますから、川崎市のジャイアンツ球場は常に満員。育成の場というよりは、貪欲に勝ちに行く采配が行われるなど、他球団の2軍とは何もかも違っていました」

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 10:00
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事