ここから本文です

20年前のワールドユース全試合フル出場。 黄金世代・酒井友之の誇り

7/17(水) 6:17配信

webスポルティーバ

世界2位の快挙から20年......今だから語る「黄金世代」の実態第13回:酒井友之(2)

遠藤たち黄金世代は、ワールドユースで準優勝を遂げた

 1999年のFIFAワールドユース(現在のU-20W杯)・ナイジェリア大会、グループリーグを突破した日本は、ベスト16(決勝トーナメント1回戦)でポルトガルと対戦することになった。

 酒井友之は、日本が決勝まで勝ち上がって行く中、この試合が「ターニングポイントになった」と言う。

「ポルトガルは本当に強かった。もう1回やったら勝てない相手だと思いましたね。相手GKが負傷退場して10人になっても、僕らが思っているほどポゼッションできなくて、逆に押し込まれた。正直、よくPK戦まで持ち込んだなっていう感じでした。でも、トーナメント1発目の苦しい試合をPK戦で勝って、自分たちの力は世界でも通用するんだ、上に行ける力があるんだということがわかり、自信を持てた。これで勢いがついたなと思いましたね」

 チームとしての大きな目標のひとつが、それまでのU-20日本代表の最高位・ベスト8の壁を突破することだった。

 一方で小野伸二のように「優勝」を目標にする選手もいた。酒井は、大会での目標をどのようにとらえていたのだろうか。

「決勝まで行くことは予想できなかったですけど、まずは今までの記録を塗り替えるところですよね。そこをクリアできればという感じでした。結果的に、ベスト8(準々決勝)でメキシコを破って決勝まで行くんですが、ポルトガル戦で勝った自信と勢いがその後の試合に影響した。そこから個人の力以上のものがチームとしてまとまって出ていたと思います」

 チームに一体感を生み出すのに大きな貢献を果たしたのが、控え組の選手だった。酒井もベンチから大きな声をかけられ、勇気づけられたという。

「ベンチからいつもすごい声が聞こえてくるんですよ。初戦から盛り上げ役を播ちゃん(播戸竜二)がしてくれて、プレーしている自分らとベンチがひとつになって、すごくいい雰囲気だった。ホテルでは、みんな同じ年だし、よく集まって話をしていました。途中で、サブ組の選手とか(の髪型)がバリカンで丸刈りになったけど、僕は逃げました。格好つけるわけじゃないですけど、勢いじゃやらないよって(苦笑)。今なら、全然余裕でやりますけどね」

1/3ページ

最終更新:7/17(水) 6:17
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事