ここから本文です

次世代SNS「RED(小紅書)」にラグジュアリーブランドが続々と参加 中国インフルエンサービジネス最新事情

7/17(水) 8:00配信

WWD JAPAN.com

REDはインスタグラムのように写真や動画、日記など自分のライフスタイルを他者と共有できるソーシャルのプラットフォームと、投稿内で紹介されている商品をアプリ内で購入できるマーケット機能を併せ持つ中国発のアプリだ。ファッションや美容、旅行などを楽しむ中国の若い女性たちからの圧倒的な支持があり、その人気はウェイボー(微博、Weibo)やウィーチャット(微信、WeChat)という従来のSNSをしのぐ勢いだ。

リタ・ウォン(Rita Wang)は350万のフォロワー数を誇るREDのトップインフルエンサーだ。ロンドンのセント・マーチン美術大学(Central Saint Martins)でファッションの修士課程を修了し、「LVMHプライズ」のファイナリスト、ステファン・クック(Stefan Cooke)や「8ON8」のレオ・ゴン(Leo Gong)とは同級生である。彼女はREDでの成功はフォロワーとの嘘偽りのない関係によるものだとし、「日常の生活やその日の気分、自分のことを何でもポストすることで、フォロワーはリアルな私を受け止めてくれる」と語った。

彼女はREDのほかにウェイボーやインスタグラム、動画配信サイトの「ビリビリ(哔哩哔哩、Bilibili)」などでも発信しているが、彼女のコンテンツは、ファッションを愛し国際的な視野を持つREDのユーザーである女性たちから支持され、最も親和性が高い。「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は今年の5月にラグジュアリーブランドとして初めて「RED」に参加し、バッグのプロモーションで彼女をインフルエンサーとして起用した。それに続くように「ディオール(DIOR)」「コーチ(COACH)」「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「MCM」「フェンディ(FENDI)」「ロエベ(LOEWE)」が「RED」の公式アカウントを開設した。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 8:00
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2096号
2019年8月19日発売

定価500円(税込み)

ハイジュエリー特集2019 ハイジュエリーの常識を揺さぶる「グッチ」の本気度

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事